2020年が転換期?大学奨学金制度の最新事情

2018年度の入学者から、給付型奨学金が本格的に始まります。

先行実施として2017年度は2,502名が採用されましたが、2018年度からは採用枠数が約2万人へと拡大されました。

リンク: 2020年が転換期?大学奨学金制度のこれからを考える [大学生の奨学金] All About

2017年、安倍晋三総理を議長に「人生100年時代構想会議」が設置されました。初会合となった9月11日、総理は給付型奨学金の拡充や大学等の授業料の減免拡大を検討することを表明しました。

12月の中間報告書によると、支援対象は住民税非課税世帯などの低所得家庭に限定し、国立大学では授業料を免除、私立大学では国立大学の授業料額に一定額を上乗せして免除されることが提案されています。

リンク: 2020年が転換期?大学奨学金制度のこれからを考える [大学生の奨学金] All About

"大学等の授業料を卒業後に支払う出世払い制度についても触れられました。

これは、イギリスやオーストラリアで導入されている「所得連動返還」のことを指し、卒業後の収入に応じた“学費の後払い”制度です。

簡単に言うと、大学や専門学校への授業料を学生に代わって国が立て替えて支払い、学生は卒業後の収入が一定基準を超えてから国に返済するという仕組みです。"

リンク: 2020年が転換期?大学奨学金制度のこれからを考える [大学生の奨学金] All About

最近は、「給付型」で返済不要の奨学金も増える傾向にあります。特に大学は、少子化が進む中、少しでもよい学生を集めたいと、独自に給付型の奨学金を充実させる傾向にあります。

また、受験前に申し込んでおいて、合格すると奨学金の給付も決まる、「予約給付型」の奨学金にも注目が集まっています。資金的に厳しい学生にとっては、ありがたい奨学金といえます。

出典: 奨学金制度とはどんなもの? [学費・教育費] All About

利息がない奨学金もある!? 奨学金の種類と申込み

奨学金の代表ともいえるものが、日本学生支援機構の奨学金。「給付型奨学金」、「第一種奨学金」(無利子貸与)、「第二種奨学金」(有利子貸与)があり、成績と家庭の収入に条件があります。

出典: 2/3 奨学金制度とはどんなもの? [学費・教育費] All About

日本学生支援機構には「予約奨学金」という制度があります。その概要を押さえておきましょう。「借りるかも」というときは、とにかく高3の春に申込みましょう!

出典: 日本学生支援機構の「予約奨学金」 [学費・教育費] All About

教育ローンとはどう違う? 学資保険を併用する場合の賢い使い方は?

日本学生支援機構の奨学金が実質学生の背負うローンであることは事実ですが、一般のローンとは利息の仕組みが大きく異なります。実は、この利息の仕組みの違いを理解することで、賢く借りて、親子で上手く返済していく方法があります。奨学金の賢い返済方法にスポットを当て分かりやすく解説します。

出典: 奨学金と教育ローンの比較、学資保険との併用法 [大学生の奨学金] All About

奨学金の返済利率「固定と見直し」どっちが得?

日本学生支援機構奨学金では「利率固定方式」と「利率見直し方式」の2つの算定方式があり、奨学金申込時にいずれか一方を選択しなくてはなりません。利率固定方式は、返済終了まで一定の利率が適用されます。利率見直し方式ではおおよそ5年ごとに利率が見直されることになっています。奨学金の返済利率の算定方式の内容と選ぶときのポイントについて分かりやすく解説します。

出典: 奨学金の返済利率「固定と見直し」どっちが得? [大学生の奨学金] All About

奨学金返済額の目安と滞納した時のリスクは?

日本でもようやく給付型奨学金が始まることになりました。しかし、その対象は「住民税非課税世帯」と限定されているため、大半の家庭ではこれまで通りの貸与型に頼らざるを得ません。奨学金の利用率が5割を超える一方、非正規雇用者が4割を超えた現在では、奨学金の返済負担・滞納問題は決して他人ごとではありません。最新情報も含めて、奨学金を滞納した時のリスクと救済制度について解説します。

出典: 奨学金を滞納したらどうなる?リスクと救済制度を紹介 [大学生の奨学金] All About