体のムダ毛はケアするのに、顔に生えている毛をケアは気にしない女性、意外と多いんです。正しい顔そりの方法をマスターして、つるぴかフェイスを手に入れましょう!

実は多くの男性が、女性の顔のうぶ毛(ひげ)を気にしている

男性が女性の顔の中で一番気になる部分は、“毛穴”ではなく“うぶ毛”

カミソリをはじめとするビューティケア用品を販売する貝印が、首都圏に住む20~30代の社会人男女200名にうぶ毛に関するアンケートを実施。

「女性と接近した際に気になる顔の部分は?」との男性への問いに、1位「うぶ毛(ひげ)」・2位「目のくま」・3位「唇のかさつき」との結果が得られました。また反対に、「男性と接近した際に気になる自分の顔の部分は?」との女性への問いには、1位「毛穴の黒ずみ」・2位「毛穴の開き」・3位「うぶ毛(ひげ)」と毛穴を気にする女性が大多数を占めました。

男性と女性の顔に対する意識にはかなりのズレがあるようです。男性が女性の顔の中で一番気になる部分は、“毛穴”ではなく“うぶ毛”だったのです!

出典: スキンケア効果がUPする!顔そりケアのやり方 [スキンケア] All About

女性にとって「顔そり」のメリットは?

くすみの原因である古い角質を除去して肌ターンオーバーをサポート

欧米人に多い金色のうぶ毛は肌を明るく見せてくれる羨ましい効果がありますが、日本人の肌の場合はその逆……。黒っぽい色をしたうぶ毛は、肌全体のトーンを暗くするマイナス要素となります。今よりもワンランク上の明るい肌を目指すには、顔のうぶ毛の処理が有効といえます。

さらに、かみそりによるシェービングには、くすみの原因である古い角質を除去して肌の再生(ターンオーバー)をサポートしてくれる嬉しい効果も。肌表面の凹凸がなくなることで化粧水や美容液なども浸透しやすくなるので、スキンケアの効果を今まで以上に感じやすくなります。メイクのりもアップするので、色ムラのない、なめらかな肌を演出できるでしょう。

出典: スキンケア効果がUPする!顔そりケアのやり方 [スキンケア] All About

顔のうぶ毛の剃り方をマスターしよう

顔そりに使うのは「ガードつきL型カミソリ」

刃だけで剃ると、毛を深く剃ることができます。しかし、その分、力加減によっては肌を傷つけてしまうリスクが高くなります。そこで、肌あたりをソフトにするために、フェイス用カミソリは刃にガードをつけているものが主流となっています。

出典: 顔のうぶ毛・ムダ毛剃りのやり方とカミソリの選び方 [スキンケア] All About

買うときはガードとガードの間隔の確認も忘れずに。とくに、敏感肌の人は間隔が狭いタイプをおすすめします。また、剃る部分に合わせて、カミソリの刃の長さを選ぶと、より剃りやすくなります。たとえば、眉毛の形を整えたいときは、刃の長さが短めでコンパクトなタイプを使うと、少しずつ形をていねいに作っていくことができます。

リンク: 顔のうぶ毛・ムダ毛剃りのやり方とカミソリの選び方 [スキンケア] All About

顔の毛を剃るときは、皮膚を引っ張りながら「上から下」へ

ポイントは、
1 先に保湿用のクリームや乳液を塗っておく
2 手で皮膚を引っ張りながら剃る
3 上から下へ剃る
この3つ。その理由を詳しくご紹介します。

出典: 顔のうぶ毛・ムダ毛剃りのやり方とカミソリの選び方 [スキンケア] All About

口周り、フェイスライン、額、頬…パーツ別・正しい顔そりの方法

鼻の下は唇に向かって上から下へ剃ります。口角のあたりは、外側から内側に向かって剃ります。フェイスラインも上から下に向かって剃ります。あごやあごの裏側も、上から下に向かって剃るのが正解です。

出典: 顔のうぶ毛・ムダ毛剃りのやり方とカミソリの選び方 [スキンケア] All About

ポイントは、同じ場所を何度も剃ると肌へのダメージが大きくなるため、一回で剃り終えるようにすることです。剃る前は保湿クリームや乳液を塗り、カミソリは持ちやすい持ち方にします。終わったあとは、必ずクリームや乳液で保湿することを忘れずに。

リンク: 顔のうぶ毛・ムダ毛剃りのやり方とカミソリの選び方 [スキンケア] All About

顔そり用の電気シェーバーを利用するのも◎

プロのヘアメイクアップアーティストが実践する「顔そり」

顔剃りは刃物を顔に当てるので、きちんとおこなわないと小さな目に見えない傷がつき刺激になる場合もあります。お手入れするときは、泡立てた石鹸をクッションにして剃る、剃ったあとは保湿する、また生理前後、紫外線に当たる前、日焼け直後はお手入れを控えることなども大事。理髪店の女性用顔剃りなど、プロの手を借りるのも手。
ちなみに私は、超微細な音波振動でうぶ毛処理できるシェイバーを使っています。うぶ毛のみをカットするので肌への負担が少なく手軽に使えて便利なんです。

出典: Q96 顔のうぶ毛は処理したほうがいいの? [山本浩未のきれいのソース] All About