コツ1:ほめの"タイミング"にこだわる

「子供をほめて伸ばしたい」ならば、ほめ方のタイミングにもこだわりましょう! 心理学の実験データを交えながら、ほめの効果をマックスにする方法をお伝えしていきます。

出典: 子供を上手くほめる秘訣はタイミングにあり! [子育て] All About

コツ2:「ほめて伸びる」正の強化を起こす

「もっとほめて育てたい」と思っている方だけでなく、「普段からしっかりほめている」という方でも、知っておいて損はない「ほめの心理」。活用の仕方次第で、さらに効果を上げる「ほめ方のコツ」とは?

出典: 子供がやる気になる! 心理学を活用したほめ方のコツ7 [子育て] All About

コツ3:3歳までに”努力ほめ”をたくさんする

子どものやる気は、「ほら頑張って!」と言われたからといって、すぐに出るものではなく、長い年月で育まれるものということが分かってきました。小さい頃のほめ方にコツがあったのです。アメリカの大学が見出した「ほめ方の違い」とは?研究データとともに、おすすめのほめ方をご紹介します。

出典: 3歳までのほめ方で分かる、5年後のやる気 [子育て] All About

コツ4:過程を時系列でほめる

何でもかんでもほめればいいわけではありません。時系列でほめる際のポイントは、結果ではなくその過程をほめること。その反対のNGなほめ方も押さえながら、子供のモチベーションアップにつながる効果的なほめ方の秘訣を知っておきましょう。

出典: 子供のやる気をアップする“時系列式”のほめ方とは? [子育て] All About

コツ5:しつけの場面で「ほめ」を活用する

「うちの子、ほめる所が1つもない」と思っているご家庭ほど、実はほめるポイントがたくさんあります。ただ、それが目に留まらないだけ。心理学的に見た「ほめのポイント」についてお伝えしていきます。

出典: 「ほめる所が無い」という子供ほど伸びしろが沢山ある [子育て] All About

コツ6:自己肯定感を上げる「To be ほめ」をする

今は、”できたこと”や”成し遂げたこと”など、結果をほめることが多い競争社会。昨今の、子供の自己肯定感低下の問題は、このほめ方の欠陥も要因であると思われます。点数などで評価されることが多い時代だからこそ、配慮していきたい「ほめ方」のコツとは?

出典: 子供の自己肯定感がアップする「To be ほめ」とは? [子育て] All About

コツ7:「ほめる」を増やすと「叱る」が減るカラクリを使う

「叱るよりも、ほめて育てたい」と親なら誰もが願うこと。でも実際やろうとすると一筋縄にはいきません。この記事では「叱るを減らし、ほめるを増やす」を実現するために不可欠なポイントについてお伝えしていきます。

出典: 「叱るを減らし、ほめるを増やす」 その実践のコツ [子育て] All About

コツ8:見え透いた”べたぼめ”をしない

最近、育児専門家の間で「ほめ過ぎの危険性」について取り沙汰されているのをご存知でしょうか? ほめる=100%ポジティブ、というわけではなく、ほめ方によっては、逆に子供のやる気を削いでしまうことがあります。この記事では、ただほめるだけではない、上手にほめる秘訣についてお届けします。

出典: ほめるときは、上手にほめよう! [子育て] All About

コツ9:自尊心の低い子には言葉を選んでほめる

だれでもほめられると嬉しいもの。子供もほめて育てるのは、もはや親の常識ですよね。しかし近年、ほめ言葉のシャワーが必ずしも良い形で響かない子がいることが分かってきました。ほめ過ぎによる弊害について、オランダの研究を交えてお伝えします。

出典: ほめ過ぎって良くないの? [子育て] All About

コツ10:物で釣らず”ほめ言葉”でやる気をアップする

お子さんのやる気、どうやって引き出していますか? 著書『輝くママの習慣』にも書きましたが、子供のモチベーションを上手に伸ばしてあげるにはコツがあります。この記事では、子供のモチベーションを損ねない上手なご褒美の使い方についてお伝えしていきます。

出典: ご褒美を子供のやる気アップに使っていいの? [子育て] All About