菅田将暉×土屋太鳳が恋と友情を熱く育む『となりの怪物くん』

超問題児の春(菅田将暉)とクールで無表情の優等生の雫(土屋太鳳)。あることがきっかけで春は一方的に雫に友達宣言! 最初はうっとおしいと思っていた雫ですが、春のおかげで次第に表情豊かな女の子になっていくのです。

それぞれ孤独を抱えた二人が不器用に距離を縮めていくプロセスが可愛い。菅田将暉は気まぐれで甘えん坊の男子を熱演。今まで見たことのない超キュートな菅田将暉を見られる作品になっています。2018年4月27日公開
(C)2018映画「となりの怪物くん」製作委員会・ろびこ/講談社

1000万部の伝説の少女漫画がついに実写映画化『ママレード・ボーイ』

2組の夫婦がパートナーを交換して再婚。シェアハウスで同居するというビックリ設定の中、それぞれの夫婦の息子の遊(吉沢亮)と娘の光希(桜井日奈子)が惹かれあっていくという物語。原作はシリーズ累計1000万部という大ヒットを記録した少女漫画。

両親の交換再婚はぶっ飛んでいますが、遊と光希の恋は少女漫画の王道。二人がイチャイチャする姿はキュンキュンする人続出しそう。イケメンの吉沢さんと映画初主演の桜井さんの初々しさも〇。2018年4月27日公開  
(C)2018映画「ママレード・ボーイ」製作委員会・吉住渉/集英社

恋に超オクテな男女がもどかしい恋愛コメディ『兄友』

イケメンなのに恋愛偏差値が低い壮太(横浜流星)は、友人の妹・まい(松風理咲)に一目惚れ。二人はお付き合いすることになるものの、お互いにオクテすぎて、手を繋ぐことはおろか、名前さえ呼ぶことができない……というじれったい男女のラブコメディ。

男女ともにオクテなので恋の進展がカメの歩みですが、そこがけっこうリアルで魅力的。現実だってそんな簡単にトントンうまくいきませんからね。共感を呼びそうな作品です。2018年5月26日公開 
(C)2018映画「兄友」製作委員会

高2男子4人組の恋と日常をイケメン男優で描く『虹色デイズ』

いつもつるんでいる男子4名、夏樹(佐野玲於)、智也(中川大志)、剛(高杉真宙)、恵一(横浜流星)。ある日、夏樹が片思いをしていることがわかり、そこから、次々と仲間が恋に落ちていくという、高校生4人の恋愛と本音が満載!

本来ならば汗臭く、女性へのHな妄想で頭がパンパンであろう男子高校生ですが、原作が少女漫画なので爽やか~。青空が似合う爽やか男子たちの姿は眼福。4人それぞれタイプが違うので、お気に入りの男の子を見つけてくださいね。2018年7月6日公開 
(C)2018「虹色デイズ」製作委員会・水野美波/集英社

都会の女子高生×田舎のイケメン男子の夏恋にキュン!『青夏 Ao-Natsu』

都会の高校生・理緒(葵わかな)が、夏休みを過ごしていた田舎で、クールな吟蔵(佐野勇斗)と出会います。理緒は彼に夢中になるけれど、彼女は吟蔵に「住む世界が違う」とつっぱねられてしまう……という失恋から始まる恋物語。

NHK連続テレビ小説「わろてんか」のヒロインを熱演した葵わかなが、本作では高校生役。夏限定の恋、いつかお別れが来るというのが切ない。大きな空、鮮やかな緑、爽やかな風を感じる青春がめいっぱいつまった作品。夏にピッタリの映画です。2018年8月1日公開 
(C)2018映画「青夏」製作委員会

オタク男子と美少女の恋の大騒動!『3D彼女 リアルガール』

アニメとゲームが大好きなオタク男子の光(佐野勇斗)が、モテモテ美少女の色葉(中条あやみ)に告白され付き合うことに。異性と初めてお付き合いするときのドキドキ感、「嫌われないだろうか」という不安感など、初恋ならではの感情の揺れが共感を呼びそう。

佐野さんと中条さんのかけあいが可愛く、彼らを取り巻く同級生たちの恋愛模様と恋愛することによって変わっていく心の成長も描いています。男子にも見てほしい少女漫画の実写化作品ですね。2018年9月14日公開 
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会・那波マオ/講談社

ぼっち女子がバスケのイケメン男子に惚れられる!?『春待つ僕ら』

友達作りが下手な美月(土屋太鳳)は、高校ではたくさん友達を作りたいと思いつつも、やはりぼっち。そんなときにバイト先でバスケ部のイケメン四天王(北村匠海・磯村勇斗・杉野遥亮・稲葉友)に出会い、気に入られ、美月の日常はガラリと変わっていくのです……。

イケてない女の子が、イケメンに囲まれるという女子の夢の世界を描いたザ・少女漫画的な展開がうれしい! ヒロインを巡るラブの結末は連載中の原作漫画ではまだ描かれていませんが、そこを映画ではどう着地させるのか。気になりますね。2018年冬公開予定 
(C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会・あなしん/講談社 

芸能界を舞台にしたトライアングル・ラブの世界『あのコの、トリコ。』

「一緒に映画に出ようね」と、幼い頃、夢を語り合った雫(新木優子)を雑誌で見つけた頼(吉沢亮)。彼女に会いたいという気持ちがきっかけとなり、頼の人生は大きく変わっていくのです。

もうひとりの幼なじみ昴(杉野遥亮)も加えた3人が、芸能界を舞台に恋と夢を叶えようとする姿を描いた映画『あのコの、トリコ。』は、続編も作られた大ヒット少女漫画の実写映画化。男二人、女ひとりの恋愛トライアングルは胸キュン要素満載です。2018年秋公開予定
(C)2018映画「あのコの、トリコ。」製作委員会・白石ユキ/小学館