2018年のGWは最大9連休!

お休みする前に、まずはGWの豆知識

GWの祝日、すべて言えますか? なぜ「ゴールデンウィーク」っていうか知っていますか? そんな「知っているとちょっと鼻高々!?」なGWの豆知識をチェックしてみましょう。

出典: 2018年のゴールデンウィークはいつ?祝日の内訳は? [暮らしの歳時記] All About

日本にいながら世界を感じられるイベント

ラ・フォル・ジュルネ/5月3~5日

丸の内と池袋を舞台に開催される、フランス語で「熱狂の日」という意味を持つクラシックの祭典。合計9つの会場では、約45分ずつのコンサートが、同時に進行していきます。5日間で開催される公演は、何と300にもなります。しかもそれらを、わずか700~3000円という低価格で楽しめる、クラシックファンでもそうでない人でも、思わず熱くなること間違いなしのイベントです。

出典: ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」公式サイト

カンボジアフェスティバル/5月3,4日

5月3日・4日の2日間、日本とカンボジアの友好65周年を記念して開催される国内最大のカンボジアフェス。会場となる代々木公園にはフードテントがずらりと並び、カンボジアグルメが気軽に楽しめます。また、アンコール・ワット寺院で踊られていた古典舞踊が披露されるなど、イベントも盛りだくさん。普段はなかなか触れることのできないカンボジアの文化が感じられます。

出典: Cambodia Festival 2018

アフロ・アメリカン・カリブゴールデンウィークフードフェスタ・グランプリ-コンテスト/4月28日~5月6日

4月28日から5月6日までの9日間、歌舞伎町でアフリカ×アメリカ×カリブのカルチャーが体験できるイベントが行われます。普段は口にできない各地のめずらしい食べ物や飲み物が味わえる屋台や、アクセサリー・雑貨などを扱うショップが多数出展。独特の編み込みヘアが体験できたり、本場のショーやダンスなどが楽しめたりと、多彩なイベントも楽しめます。

出典: アフリカン・アメリカン・カリビアン・カルチャーイベント » grandprix2018

美味しいものが食べたいならグルメイベントへ

お台場オクトーバーフェスト&肉フェス/4月27日~5月6日

お台場のGW恒例イベントとなりつつあるのが、ドイツビールの祭典である「お台場オクトーバーフェスト」と、日本最大級の肉の祭典「肉フェス」です。オクトーバーフェストでは、ドイツ直送のドイツビールやドイツ料理と共に、ドイツ音楽やダンスも楽しめる、ドイツの文化に触れられるイベント。一方の肉フェスは、日本橋の高級肉店から、各地の名物からあげ、さらにはメキシコ料理まで、あらゆる肉を堪能できるフェスです。

出典: 肉フェスTOKYO2018 - 肉フェス|日本全国と世界へ発信する、肉料理特化型フードエンタテインメント

あいぱく/4月25日~5月7日

日中は気温も上がり、冷たいものが食べたくなるGW頃。そんな季節にピッタリのアイスクリームイベント「あいぱく」が、4月25日~5月7日の13日間に渡り、銀座三越で開催されます。期間中に食べられるのは、アイスマニア協会により全国から厳選された100種類以上のアイスクリーム! おなじみのショップのアイスから、昔懐かしいアイスキャンデー、老舗和菓子店の和風アイス、さらにはインスタ映えするかき氷系アイスまで。必ず好みのアイスが見つかりそうです。

出典: あいぱく / アイスクリーム万博

非日常が味わえるイベント

Hibiya Festival/4月26日~5月20日

今年3月29日にオープンしたばかりの注目スポット・東京ミッドタウン日比谷を中心に、日比谷エリアでは観劇の祭典を開催。初日の4月26日に行われる宮本亜門プロデュースによる鹿鳴館をテーマにしたパフォーマンスショーを皮切りに、ダンスやパントマイム、オペラやミュージカルなど、様々なショーが繰り広げられます。一部のステージを除いて無料で開放されているのも魅力です。

出典: Hibiya Festival-日比谷の街をあげた観劇フェスティバル

寺社フェス向源/5月5,6日

御朱印ブームで寺社が注目される中、目黒では周辺4つのお寺主催による寺社フェスが開催されます。今年は「アイデンティティ」をテーマに、仏具を使った音楽イベントや寄席、果てはテクノ音楽と融合した超テクノ法要まで、仏教とは一見縁のないものとの不思議な化学反応を楽しむことができます。いつもと違うGWが過ごしてみたい人にオススメです。

出典: 寺社フェス向源