2001年NOMAD

NOMADは毎年斬新なコスチュームを発表することで定評のあるチームでしたが、2001年のコスチュームが特に印象に残っています。近未来的というか、宇宙的というか…。かなりコスプレ要素の強いデザインでした。

出典: ファイル名photo04.htm:GT選手権第5戦(茂木)速報! [レースクイーン] All About

2001年HIROTO

「NISMO」のレースクイーン「HIROTO」のコスチュームはほぼビキニ同様の露出でありながら上品なイメージ。レースクイーン4人のヴィジュアルバランスが良く、クオリティも高かったので常にファンに囲まれていました。

出典: ファイル名photo02.htm:GT選手権第5戦(茂木)速報! [レースクイーン] All About

2002年UNISIA JECS

こういったレオタードタイプのワンピースコスチュームはやはり刺激的。ボディラインがくっきり出る上、本当にスタイルが良くないと胴長に見えてしまうので、見た目より着るのに勇気がいるコスチュームなんです。カッコよく着こなしている田村あかねちゃん、さすが!

出典: ファイル名tamura01.htm:GT選手権第2戦(富士)速報! [レースクイーン] All About

2002年YeLLOW CORn

この時代はフリンジを使ったコスチュームがサーキットで流行。その代表格が「YeLLOW CORn」です。カウボーイルックで統一しながらも、デザインやアイテムが女の子によって全て異なる作り。とても個性的でした。

出典: https://allabout.co.jp/gm/gc/200112/file/yellow06.htm

2003年A&S

レースクイーンのアイドル化が進んだこの時代。長身スレンダーなモデル体型の娘ばかりでなく、小柄でかわいらしい娘が採用され始めました。中でもA&Sのコスチュームは色合いといいデザインといい、ザ・アイドルです。

出典: ファイル名as02.htm:GT選手権開幕戦(英田)速報! [レースクイーン] All About

2003年WOODONE

肌の露出の多さに目を奪われるする「WOODONE」コスチューム。でも、実に良くできているんです。スカートは両サイドに行くにつれ短くなっており脚長効果を助長。上半身もチューブトップのみで肩ストラップが無いので鎖骨を美しく引き立てています。首元のチョーカーも2000年代に入ってから良く見られるようになりました。

出典: ファイル名wood-one02.htm:GT選手権第2戦(富士)速報! [レースクイーン] All About

2004年ダイナマイトチャンネル

バブル期を思い出させるハイレグコスチュームを採用したのは「ダイナマイトチャンネル」。グラビア撮影をしている様子をネットで生配信しながら、途中でモデルの女の子とチャットができるという当時としては画期的なサービスを打ち出した会社です。そのグラビアの定番コスチュームがこの衣装。ここまでVラインが切れ上がったコスチュームはこの当時でも見られなかったので、ファンの食いつきは凄まじいものがありました。

出典: ファイル名d-ch02.htm:GT選手権開幕戦(英田)速報・第2弾! [レースクイーン] All About

2004年TAKATA

「TAKATA」のコスチュームは一見セパレイトに見えますが、実はワンピース。白とグリーンのシンプルなコスチュームを高瀬友里ちゃんが清楚に着こなしています。ポイントが高いのはヒールの高いサンダルを採用しているところ。この頃からブーツを採用するチームが増えてきたのですが、レースクイーンの魅力は何といっても脚!ハイヒールの採用を切望します。

出典: ファイル名takata01.htm:GT選手権第5戦(茂木)速報・第1弾! [レースクイーン] All About

2004年C-WEST

2000年代前半に良く見られたのがチェッカーフラッグをイメージした柄の採用。その中でも「C-WEST」はチェック柄の大きさや色合いを変え、デザイン性の高いものに仕上げていました。ハイネックの肩出し、個人的に好きです。

出典: ファイル名cwest01.htm:GT選手権第5戦(茂木)速報・第1弾! [レースクイーン] All About