睡眠を整えれば、肌コンディションが変わります。今日からできる眠り対策をご紹介します。

美肌を守りたいなら、やっぱり睡眠は重要?

美肌はいい睡眠で作られる

肌代謝は眠っている間に行われます。特に活発に肌代謝が行われているのが、個人差もありますが、眠りについてからおよそ3時間後の「ノンレム睡眠」といわれる時間だといわれています。ノンレム睡眠とは夢などを見ていない「深い眠り」のことで、この間に肌代謝を促進する「成長ホルモン」が盛んに分泌されるのです。

成長ホルモンの分泌は20歳ぐらいから徐々に減少してしまいますが、若さを保つためには、なるべく自分の体から成長ホルモンが分泌されるようにぐっすり眠ることが大切です。

出典: 眠り方で体が変わる!老けない&太らない睡眠術 [アンチエイジング] All About

睡眠リズムが整えば、「時計遺伝子」も味方に!

「時計遺伝子」とは、24時間の周期は体自らで作り出しているもので、この遺伝子によって生み出されるたんぱく質が、24時の中で増加したり減少したりする周期によって成り立っています。

出典: 美容にも効果的!?話題の時計遺伝子とは何か? [スキンケア] All About

眠っている間にぷるぷる肌を目指すには

安眠を導く簡単な3つの習慣

(1)入浴や足湯で身体を温める(2)蒸しタオルで目を温める(3)頭と首のストレッチする、という3つの簡単習慣で、体を眠りやすい状態に導きます。具体的なやり方をご紹介します。

出典: 睡眠美人を作る!寝る前に行うと効果的なキレイ習慣 [睡眠力を上げよう - ボディケア] All About

「寝活(ねるかつ)」でキレイを手に入れる方法

朝の出社前の時間を勉強や運動などに活用する「朝活」や夜の退社後の時間を自分磨きなどに活用する「夜活」はすでに定着していますが、今度は寝ている時間を美容や健康のために活用する「寝活(ねるかつ)」に注目してみませんか?

出典: 睡眠でキレイをつくる!寝活のススメ [時短美容] All About

深い睡眠を手に入れる方法

満足度の高い睡眠とは、スムーズな入眠、夜中に起きない、翌朝の起床時に「よく寝られた!」と感じられること。それには“深睡眠”がカギとなります。

出典: ぐっすり眠って美肌に!快眠を得るたった2つのコツ [スキンケア] All About

眠っている間に美肌になる、夜のスキンケアテクニック

夜寝る前のスキンケアをしっかりと行うと、眠っている間に、肌老化の原因になる「乾燥」から肌を守り、お疲れ気味の古い肌から、生まれたての新しい肌に、きちんと「ターンオーバー」させることができるのです。

出典: 寝ている間に美肌になれる3ステップ夜美容 [アンチエイジング] All About

「睡眠力」を上げる寝る前ストレッチ

つまった首筋をスッキリさせるストレッチと、肩甲骨を気持ちよくほぐすストレッチをご紹介します。気持ちよく眠れる幸せを感じたら、睡眠力は確実にアップしますよ。

出典: 睡眠力をあげる!カラダをラクにするご褒美ストレッチ [睡眠力を上げよう - ストレッチ] All About

安眠のために活用したいハーブティ

睡眠の質を上げるために就寝前にオススメしたいのが、ハーブティー。ハーブティーはコーヒーや紅茶、緑茶などと違ってカフェインが含まれていないので、就寝直前に飲んでも問題ありませんが、基本的には就寝1時間半~1時間ほど前に飲むのが良いようです。

出典: 2/2 キレイの基本は睡眠から。安眠ケアのススメ [美容食・インナービューティー] All About

アロマの力を借りてリラックスを呼び込む

快眠のために、どのようにアロマテラピーを役立てればいいのか? それはとても簡単です。「好きな香り」を選び、その香りを嗅ぎながら眠ることです。「良い香りだな~」と感じながら眠るだけで香りの分子の情報が脳へ幸せな気分を与えてくれるからです。

出典: 2/3 枕にシュッ! 安眠できるアロマスプレーの作り方 [アロマテラピー] All About