ちょっと元気を出したいなと感じたときに役立つリフレッシュ術をご紹介します。

春なのに気分が沈むのはどうして?

実は、3月は1年の中で最も自殺率が高い月です

1.決算期を節目にした倒産、失業
2.期末による異動、仕事の打ち切り
3.ライフイベントの変化
4.「木の芽どき」の心身変化
などが主な原因だと考えられます。

出典: 早春に「死にたくなる」人が増えるのはなぜか? [メンタルヘルス] All About

よく「木の芽どきには注意しよう」と言われるように、木々に新芽が出る早春の季節は、急激な寒暖差が体にとって非常に大きなストレスになります。これが自律神経のバランスにも影響を与え、疲れがとれない、体がだるいなどの症状を感じやすくなるのです。

リンク: 早春に「死にたくなる」人が増えるのはなぜか? [メンタルヘルス] All About

もちろん、天候などの環境変化だけでは自殺を考えるほどの要因にはなりませんが、上のような深刻な悩みを抱えていて、さらに季節の変わり目が体調不良を招くと、気分が陰鬱になり、深刻な問題をますます深刻にしてしまうのです。

リンク: 早春に「死にたくなる」人が増えるのはなぜか? [メンタルヘルス] All About

信頼できる人や専門家に必ず相談しましょう

自殺を考えるまで自分を追い込んでしまう状態は、気持ちや現状をありのままに受け止められていないためでもあります。誰かに相談することで、現状では想像もつかない「新しいヒント」が必ず見つかるはずです。

出典: 2/2 早春に「死にたくなる」人が増えるのはなぜか? [メンタルヘルス] All About

気持ちが沈むときは、リフレッシュを心がけよう

お風呂を活用して、自律神経のバランスを整えよう

就寝前の入浴の最大の目的は、自律神経バランスを整え、一日の終わりに滞った血流をリカバーすること。心と体を究極にリカバー、デトックスしてくれる入浴法は、お湯の温度は39~40℃。入浴時間は15分です。

出典: 自律神経バランスを整える入浴方法 [メンタルヘルス] All About

アロマオイルの力を借りて、香りでリフレッシュ

リフレッシュ効果のある香りは、気持ちを切り替えるいいスイッチになります。元気がないとき、悩みごとが頭から離れないとき、仕事や勉強に取り組みたいのになかなか集中できないときなどに活用してください。

出典: リフレッシュ効果のあるアロマオイル集 [アロマテラピー] All About

簡単ストレッチで、プチ鬱にサヨナラ!

普段の姿勢の癖や、デスクワークが多く、猫背姿勢の人にオススメです。猫背になると、肩が前に落ち、胸が閉じ、呼吸が浅くなるので、体内の巡りが悪くなります。呼吸に動きを合わせるように、ゆっくりと胸を開く動作を味わいながら、呼吸を深めてみて下さい。

出典: 2/3 プチ鬱よさようなら!輝く私を取り戻すストレッチ [ストレッチ] All About

心に溜まったモヤモヤを吐き出す「あっかんべー」 体操

「あっかんべー」は一瞬で顔全体の血行を促し、身体の中に溜まった古い呼吸を排出するポーズです。脳に心地よい刺激を与えるので、リフレッシュする効果も抜群。イヤなことがあった後に行うと、気持ちもスッキリしますよ。

出典: 身体の毒素と共に悪い気も吹き飛ばす「あっかんべー」 [小顔] All About

メイクで気分アップ!明るく元気な顔に見せるメイクテク

気持ちが沈むときは、あえて元気に見えるメイクで気分転換!疲れた顔をパッと明るく元気顔にするメイクのポイントを紹介します。

出典: お疲れフケ顔解消!明るく元気な顔に見せるメイク術 [メイク・メイクアップ] All About