寝てばかりでは逆効果? 休んでも疲れが取れない悩み

休みの日、寝すぎで頭痛になるワケ

休日に昼まで寝ていて頭痛が……なんて経験ありませんか?寝すぎは過度に緊張が緩み、頭の血管が拡がることで頭痛が起こるといわれています。寝不足も寝過ぎも身体にはストレスに。

出典: 寝すぎが原因で頭痛が起こるのはなぜ? [頭痛] All About

ベストコンディションを取り戻すには「血流改善」が大切

“休む”よりも大切な、“血流の改善”

体を動かした疲労、動かさなかった疲労、どちらにも共通するポイントが「血流」です。血流が良くなると…

・筋肉内にたまった疲労物質を早く代謝することができる
・傷んだ筋肉の修復を早める
・筋肉が硬くなってしまうのを防ぐ
・むくみなどを解消する
・酸素と栄養素を体の隅々まで運び、二酸化炭素と老廃物を分解するサイクルが速まる

といったことが考えられます。

出典: 疲労回復に効果的なアクティブレストとは [運動と健康] All About

「積極的な運動」で疲労回復

まずは、あなたにぴったりの運動強度を知ろう

適切な運動量は人によって異なります。「積極的運動のやり過ぎ」で休み明けにどっぷり疲れていることのないよう、自分にぴったりの運動強度を知りましょう。

出典: 適度な運動とは?運動時間・強度・頻度の目安 [運動と健康] All About

水泳で血流UP!

水泳がダイエットに効果的なことは知られていますが、適度な水圧の負荷は、血液の流れや代謝をよくするのにも役立ちます。全身をつかった有酸素運動でインナーマッスルが強化されると、疲れにくい身体になる?!

出典: 水泳のダイエット効果と実践方法 [パーツ別ダイエット方法] All About

ウォーキングの足裏刺激で血流改善

足裏全体を使った歩き方をすると、血の巡りが良くなり、冷え症やむくみが改善、筋肉を使うので基礎代謝がアップし、脂肪燃焼効果があります。

出典: スニーカーでウォーキング、効果的な姿勢と歩き方は? [ウォーキング] All About

「ストレッチ」で気持ちも前向きに

ゆったり呼吸のストレッチ

深い呼吸と運動効果によって血行を促進するストレッチは、血流改善=疲労回復の強い味方。朝と夜にたった3分でストレッチの効果を思う存分味わえるメニューをご紹介します。

出典: 気持ちが浮き沈みする時にオススメのストレッチ [ストレッチ] All About

肩コリ解消ストレッチで疲れ・だるさを残さない

肩コリの原因を知り、肩甲骨周辺を動かすストレッチをする休日習慣で、今までの肩コリが嘘のように軽くなります。仕事中には人目も気になりなかなかできないストレッチも、休日なら思いっきりできるはず。自宅でできる簡単ストレッチです。

出典: 疲れ・だるさを残さない肩コリ解消肩甲骨ストレッチ [ストレッチ] All About

「入浴」で血流改善

入浴+ストレッチのW効果

体をしっかり温められる全身浴をしながらできるストレッチ。究極の血流改善法ながら、全身浴は身体への負担も大きいため、注意すべきチェックポイントもしっかり押さえてから実践しましょう。

出典: 10分以内の入浴でできる首・肩リラックスストレッチ [腰痛] All About

たっぷり全身浴で血の巡る体に

入浴による温熱作用は、血管を拡張させ血流を促します。血流が増えると、全身に酸素や栄養分を運び、逆に不要となった二酸化炭素や老廃物を排出。これによって疲労が回復し、休み明けの仕事の効率UPに貢献します。

出典: 医学的に正しくお風呂で疲労回復をするコツ [疲労回復法] All About

溜まった疲労には「東洋医学」の力

漢方で血や気の流れを改善する

西洋医学において「疲労」は、病気ではないと考えられています。一方、東洋医学では疲労を「未病」と捉え、疲労の解消は漢方薬が得意とする分野です。4つの体質別におすすめの漢方薬をご紹介します。

出典: 4タイプ別!疲労回復に効果的な漢方薬の選び方 [漢方・漢方薬] All About

疲労回復には「気」のチャージも必要

漢方において、人間は気(き)・血(けつ)・津液(しんえき)・精(せい)という物質から構成され、これらの充実が健康をつくっていると考えます。あなたをベストコンディションに導く漢方の考え方を紹介します。

出典: 気・血・津液・精とは……漢方的な健康の考え方 [漢方・漢方薬] All About