家事・育児・仕事の両立スケジュールをシミュレーションしておく

保育園では、子どもが園に慣れるための慣らし保育がありますが、新生活のシュミレーションは親にとっての慣らし保育のようなもの。本来は復帰1ヶ月前からやっておきたいところです。登園時間、通勤時間などを予測して、朝の送りから帰りのお迎えまでの1日をシミュレーションしておきましょう。

出典: 保育園生活シュミレーション [保育園・保育所] All About

子どもの発熱時などの預け先を確保しておく

急な保育園からの呼び出しがあり、駆けつけるまでの1~2時間はケアしてくれるものの、仕事がどうしても抜けられない時に、共働きカップルはどう対処しているのでしょう?子どもが病気の時に登園できない場合、共働き夫婦を助ける知恵についてご紹介します。

出典: 共働き夫婦のアキレス腱!子供の病気 [出産準備] All About

夫の協力が必要なことを理解してもらう

「家事=育児を含む家族の仕事」の負担分配が共働き生活の悩み。どうしてもママばかりに負担が大きくなりがちです。夫婦で働いているなら夫婦で家事もシェアして当然ということをパパにもしっかりと理解しておいてもらいたいものです。

出典: 共働きの夫ができる家事、できない家事 [出産準備] All About

出産前とは違う、働き方をイメージしておく

出産前と同じように働くのは難しいと分かっていても、実際にどう働けばいいのか漠然と不安ばかりになりがち。急に休まなければならないことや、残業ができないことなどを考慮し、復職してからの職場における行動・立ち振る舞いについてどのような心得が必要でしょうか。

出典: 働くママがよりよく職場復帰をするヒント (仕事編) [キャリアプラン] All About

復帰後は子供にも何らかの影響があることを覚悟する

春は、親だけでなく、子どもも園のクラスが変わったり、先生が変わったりして、慣れない生活にストレスを感じていることも多いでしょう。その上、母親が、仕事のことで家でもイライラしていると、子どもに悪い影響が出てしまうことも。だからといってやっぱり職場復帰をあきらめたりなどせず、子どもとうまくやっていくにはどうすればいいのでしょうか。

出典: 職場復帰で子どもに影響が…その対処法は? [子供のしつけ] All About

働く意味を子供にも理解してもらう

「なぜ、何のために仕事をするか」という問いに自分なりの答えを持ち、ビジョンを持って働くということは、とても大切なこと。子育ての中で、そのビジョンを子どもに伝えていくことも大切なことなのです。「親の背中を見て子は育つ」と昔から言いますが、働きながら子育てをしている共働き世帯だからこそ、「仕事」について子どもに伝えていきたいものです。

出典: 働く親として子どもに伝える仕事の意味 [出産準備] All About

3歳児神話にまどわされない

いつまでも自分らしく輝きたい、と職場復帰を目指すママ。三歳児神話という言葉もあり、子どもを保育園に預けることに戸惑いを感じることもあるのではないでしょうか……。三歳児神話についてや職場復帰の準備についてお伝えします。

出典: 三歳児神話を大切にし職場復帰するママの準備すべき事 [乳児育児] All About

愛情不足の心配は不要!効果的に伝えよう

仕事に復帰すると、それまでのようにゆっくりと子供と向き合う時間はなくなってしまいます。子どもは向き合ってくれる人を求め、1日たった5分でもいいから、自分だけを見つめて欲しいのです。限られた時間だからこそ、効果的に愛情を伝える努力をしましょう。

出典: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

すべてを「完璧」にこなすことを理想化しない

子どもがいない時と同じような感覚で、仕事をするのは難しいですし、掃除や洗濯料理などの家事もパーフェクトにこなすことは難しくなります。完璧にこなすことが難しくても、自分のなかでどう折り合いをつけ、効率化する方法を考えましょう。

出典: 2/2 職場復帰直後の心構え [保育園・保育所] All About

何のために働くのか、ブレない軸を持っておく

働くママの多くが根っこに持っている「モヤモヤ」。どこかモヤモヤした気持ちを抱えて悩む理由の一つに「自分の中での優先順位」がボンヤリしていることが挙げられます。働き方や子どもと過ごす時間、自分の健康、仕事内容、将来性など、自分にとって何を優先すべきなのかを常に考えておくことは大切です。

出典: 働くママにくすぶる「モヤモヤ」からの脱却 [子育て] All About