1.こどもの「今」に寄りそってあげたい

「4月に入ったら、いつもより、抱っこをせがむようになったみたい」

一般的に言えば「甘えん坊になった」という現象ですが、心理学的に言うと、その子が求めているママとの距離感が変わったと言えます。子供が欲するママとの距離は、実は、日々変化しています。つまり、お子さんがどれだけママを欲するかは毎日変わるのです。

「これまでは平気だったのに……」
「昨日は大丈夫だったのに……」

と過去と比較しがちですが、大切なのは「今」なのです。

出典: 入園、入学の4月、ママが気をつけてあげたいこと [子育て] All About

2.「頑張ってね」よりも「頑張ったね」と言ってあげたい

大人でも、自分は十分頑張っているつもりなのに、頑張ってねと言われたら、
「私、まだ十分頑張っていないのかな」と感じますね。

子供達はこの時期、100%以上の力で1日を過ごしています。

見送り時の「頑張ってね」よりも、お迎え時の「頑張ったね」を強調すると、子供達はホッとした気持ちになれるのです。

出典: 2/2 入園、入学の4月、ママが気をつけてあげたいこと [子育て] All About

3.グズグズ言う子には、怒らずに優しい言葉をかけてあげたい

新入園や新入学の子どもが緊張するのはある意味当たり前のことなので、親も注意を払っていますが、進級する子どものことは意外と忘れられがち。

クラス替えで新しい先生になったり、仲良しのお友だちと離れてしまったりすると不安定になる子も多いもの。そんなときは、怒ったりしては逆効果。優しく不安を取り除いてあげましょう。

出典: 入園、進級!不安な子どもの心、どうする? [幼稚園] All About

4.子どもが不安定になっているなら担任に状況を伝えてあげたい

まだ経験が浅く、子どもを把握しきれていない先生もいるかもしれませんし、前のクラスの先生とは声かけや姿勢が違う場合もあります。

1クラスの子どもの人数が多く、先生がなかなか全員の細かい部分まで把握できない場合もあります。

親ができることは、園や学校には「進級したことで子どもが不安定になっている」という事実をしっかりと伝えてあげることです。

出典: 2/2 入園、進級!不安な子どもの心、どうする? [幼稚園] All About

5.恥ずかしがり屋の子には強みを伸ばして自信をつけてあげたい

恥ずかしがり屋な子に、
「ほら、いってらっしゃい!」
「大丈夫、がんばって!」
と強引に子供の背中を押してしまうのはNG。

得意なもの、好きなもの、没頭できるもので自信をアップさせ、そこを踏み台にして世界を徐々に広げていくことからはじめます。

その次は、いわゆる「慣れ」の力。繰り返し繰り返し同じことを行うことで、「あ、ワタシにもできる!」「慣れれば大丈夫」という気持ちを起こさせるのです。

出典: 子供の恥ずかしがり屋な性格を改善克服する方法 [子育て] All About