香水をまとうなら身につけておきたいマナーと楽しみ方をご紹介します。

正しい香水のつけ方の基本

これだけはマスターしたい、香水のつけ方とマナー

『ほんのり香らせたい時はウェストから下の部分にスプレーする』です。足首につけた香りはふとした瞬間にふわり、と感じさせることができますし、膝の内側につけた香りは座ったときにふわり、と上がってきます。

出典: ほんのり香る!香水のつけ方とマナー [香水・フレグランス] All About

香水をつけすぎた!そんなときどうする?

香水を手首に付けすぎてしまった場合は、水道水で、手首を洗い流します。水で流すことにより、付けすぎたニオイが程よく落ち着きます。また、アルコールや消毒用エタノールなどをコットンに含ませ、香水をつけた部分を軽くポンポンと叩きながら拭き取ります。

出典: 香水を付けすぎてしまった時の対処法 [香水・フレグランス] All About

香水を付けるのにオススメ&NGな場所

自分から、「ふわっ」と良い香りをさせるには、全身に少しずつつけるのがポイント。香りは、下から上に立ち上る習性があるので、身体の側面にご使用することをおすすめします。

出典: 2/2 香水を付けすぎてしまった時の対処法 [香水・フレグランス] All About

もっと香水を楽みたいなら

汗や体臭のニオイを香水で消そうとするのは絶対NG

汗の匂いや体臭を香水でごまかそうとする人もいますが、あくまで香水は良い香りの創作を愉しむもので、体臭を消す役割ではありません。体臭が気になるところにどんなに良い香りの香水をつけても、香りのポテンシャルは発揮できません。

出典: 汗と体臭ケアが重要!暑い季節の香水マナーと選び方 [香水・フレグランス] All About

大人の魅力が際立つ、TPOに合わせた香水のまとい方

「自分の香水はこれ!」と一つだけに決めていませんか?マイ香水といえる1本があるのはとてもステキなことですが、ご自身の魅力は一つだけではないはず。その日の出かける場所や会う人によって香りも着替えましょう。

出典: TPOに合わせた香水のまとい方!いつでも香り美人 [香水・フレグランス] All About

雨の日&梅雨の季節の香水の楽しみ方

湿気を帯びた空気の中では香料の蒸散も遅くなり、香りの持続時間が長くなるために、いつもと同じ香水量をつけても、周囲の人には「香りが強すぎる」と、感じられてしまう事も……。

出典: 不快気分もスッキリ!梅雨の季節の香水マナーと選び方 [香水・フレグランス] All About

初夏から夏にかけての香水の楽しみ方

香水のつけ方のマナーと同時に、もう一つたいせつなのは香水の選び方。今年の初夏から夏のフレグランスのキーワードは『ナチュラルエナジー エレガンス』です。

出典: 爽やかにビューティアップ!初夏から夏の香水のマナー [香水・フレグランス] All About

フランス女性流の香水の楽しみ方

ココシャネルが「香水をつけない女性に未来は無い」という名言を残したほど、フランス女性にとっては香水をつけることは、なくてはならない身だしなみのひとつです。若いパリジェンヌから高齢のマダムまで、お気に入りの香水を持ち、日常的につけています。

出典: パリジェンヌ直伝!男性をメロメロにする香水のつけ方 [スキンケア] All About