1.寒い部屋。我慢して乗りきる…?

家の寒さが健康リスクに

部屋の室温が低いけれど服を着こんで我慢……という状態は危険かも。住まいの寒さ・温度差は身体に大きな負担をかけ、最悪死にもつながります。住まいの寒さが及ぼす健康への影響をみていきましょう。

出典: 家の寒さが健康リスクに… その対策とは [注文住宅] All About

【対処法】家が寒い原因を知ろう!簡単リフォームで冬も暖かい家に

冷気は意外なところから侵入しています。まずは我が家の築年数をチェック、断熱性能を確認するところから始めましょう。

出典: 家が寒い原因を知ろう!冬も暖かい家にするリフォーム [窓・サッシ・玄関ドア] All About

2.通気が悪い!カビが家具・家電の裏側に…

カビが原因で起きる病気はこんなに…

カビは様々な病気の原因になります。喘息に似た「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」も多い病気の一つ。カビが原因で起きる病気一覧と、気をつけるべき症状、効果的なカビ対処法について医師が解説します。

出典: 梅雨で喘息症状が悪化?咳の原因はカビのことも… [アレルギー] All About

【対処法】早急にカビ対策を!10の対策法

カビが発生しやすい場所は湿気の多い部屋、例えば浴室、押入れ、クローゼット、タンスなどの家具の裏、洗濯機の中、窓ガラスなど。こちらの記事では10の対処法をご紹介しています。

出典: 家の中のカビ対策トップ10 [住まいのプロが提案「イエコト」] All About

3.明るすぎる照明。眠りが浅くなりがちに

眠りが浅いのは照明が原因かも

「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニンは、明るさに反応します。例えば夜、ベットルームが明る過ぎるとメラトニンが抑制され、眠気が覚めたり睡眠が浅くなったりするのです。すると当然昼間に眠気が襲ってきます。

出典: 健康に役立つ 眠れない人のための照明器具 [照明・LED] All About

安眠できる寝室照明を選ぼう

睡眠に悩む人は多く、安眠の促進をうたった照明器具も人気があります。寝室照明を選ぶためのチェック事項3つをわかりやすくご紹介。

出典: 安眠できる寝室照明1 [照明・LED] All About

4. 太陽光が入りにくい!照明だけで済ませている…

光量不足はうつの要因とも言われる

憂うつが高まって気分が晴れない、ひとつのことを悶々と考えてしまう…。ひょっとして最近、日光をあまり浴びていないのでは?

出典: 憂うつな気分は「太陽の光」で解消! [ストレス] All About

【対処法】積極的に太陽光を浴びるためにインテリアを工夫しよう

日本でも、太陽光不足に気がついていない方が多いと思われます。朝のジョギングや散歩ができれば理想ですが、なかなか継続はできません。そこでもっと気楽に考えて、簡単にできる工夫をご提案します。

出典: インテリアでうつに克つ [家具・インテリア] All About

5. インテリアの落ち着かない色づかい

部屋の色が赤色(暖色)だと筋肉は緊張し、血圧が上がる

家で落ち着くことができない、やる気はあるのに仕事や勉強がはかどらない、そんな経験があるなら、室内に原因があるのかもしれません。

出典: ストレスを生み出さない家づくり! 部屋の色が健康に影響する?! [住宅設計・間取り] All About

【対処法】色の影響力を効果的に活用

緑は、血圧を安定させ、血行を良くして皮膚や粘膜が美しく健康に保たれるのを助ける……など、色の持っている影響力を知ることで、気分転換にも利用できます。ここではその効果と活用法を紹介しています。

出典: 2/2 あなたのスマホはどんな色?色彩心理を活用しよう [カラーコーディネート] All About