【ポイント1】子どもがしたい時にしたいことで好奇心を伸ばす

子どもが自分から“新しい動作にチャレンジしたい”と思うこと、周りの大人はそのシーンに気づくことが大事です。そのチャレンジや冒険に余計な手出しをせず、危険がないように注意しつつ、ただ温かく見守ります。

リンク: 2/2 3歳までのゴールデンタイムでやりたいこと [早期教育・幼児教育] All About

五感を刺激して「意欲」や「好奇心」を引き出す

誕生したての赤ちゃんは、ただ眠っているだけ、と思ってはいないでしょうか。生後間もない赤ちゃんの脳は非常に柔軟です。この時期の親の関わり方は、これからの脳の発育に大きな影響を与えます。

出典: 2/2 秘めた可能性を引き出す!3ヵ月の赤ちゃんの学習法 [乳児育児] All About

危険行為以外は出来る限り叱らない

赤ちゃんが自由に動き回れるようになると、親はハラハラドキドキの連続。危険とも多く遭遇し、ついつい叱ってしまいがちですが、この時期は自由に動き回っても安全である環境作りを心がけることが大切です。

出典: 2/2 将来伸びる能力の基礎を創る!1歳から2歳学習法 [早期教育・幼児教育] All About

2歳児は好奇心の塊。子供の「こだわり」を大切にした関わりを

こだわると長いから回避したいという思いも生まれるとは思います。しかし、注意する、やめさせるというのはNG。好奇心が満たされないことで、常にイライラしている状態になりかねません。後々大きくなってから、何も興味を持たない無気力な子になるリスクも高まってしまいます。

出典: 2歳児イヤイヤ期の強いこだわり 上手な対処法 [子育て] All About

【ポイント2 】基本的な生命欲求を満たす

安心できる環境のなかで、愛情や栄養を十分に受け、守ってもらえることが、子どもにとっては全ての基礎になります。不安や生命的危機を感じながらの環境では、身体や能力の向上にエネルギーを回そうとはしないのです。

リンク: 2/2 3歳までのゴールデンタイムでやりたいこと [早期教育・幼児教育] All About

母子ともに安らぎと笑顔に満ちた時間を

養育者からいつでも温かく見守られ、不安な気持ちを「大丈夫」に換えてもらうことができれば、分離不安を乗り越え、集団生活の中に溶け込んでいくことができます。

出典: 「三歳児神話」より大切な3歳までの「心育て」 [ストレス] All About

大切なのは、「心の安全基地」を作ること

3歳ぐらいまでに、身近な大人との濃密なかかわりを築いていく中で、安心や信頼を十分に感じることができる心の「安全基地」が大切だと言われています。ここで「身近な大人」は、母親だけではなく、父親や祖父母、保育園の先生などでもいいんです。

出典: やはり気になる「三歳児神話」をあらためて考える [子育て] All About

だからといってワガママ放題はダメ。「自ら我慢していく力」を育む

「どんなあなたも大好きよ」と、子供をありのまま受け入れることで、親子の信頼関係は深まり、子供は自己抑制力を自ら育んでいきます。

出典: 2/2 自分で判断し我慢できる子に導く!心の育て方 [子供のしつけ] All About

【ポイント3】必要な時期に必要な働きかけを

最適なタイミングとプロセスは子ども自身が知っているので、自然の流れに任せるのが一番です。子どもの毎日の成長に合わせて、周りの大人の対応も臨機応変に更新していくことだけ気をつけてください。子どもをよく観察して、良い時期が来たら、適切な刺激を与えます。

リンク: 2/2 3歳までのゴールデンタイムでやりたいこと [早期教育・幼児教育] All About

生後3ヵ月から7ヵ月頃は「昼夜の区別と寝返り」がポイント

生後3ヵ月程経つと、昼夜の区別がついてきます。生活のリズムをつけていくことは、脳にもよい刺激を与えます。5ヵ月頃から寝返りもし始めます。移動する事で赤ちゃんの世界は広がり、身体の動きも脳も活性化されます。

出典: 将来伸びる能力の基礎を創る!0歳から1歳学習法 [早期教育・幼児教育] All About

7か月を過ぎたら「一人座り」と「両手を使えること」をポイントに

風が頬っぺたにあたる感触、葉っぱの擦れあう音、目に鮮やかな緑、子供たちの遊ぶ声、そしてママの語りかけ、全て脳の活性化を促し、将来伸びる能力に繋がっていきます。

出典: 2/2 将来伸びる能力の基礎を創る!0歳から1歳学習法 [早期教育・幼児教育] All About

身体も脳も鍛える「ハイハイ」「高這い」は十分にさせて

「這う」行為は、手足や胸、お腹の筋肉を鍛え、強化するだけでなく、脳にとっても良い刺激を与えます。一生のうちで、非常に期間がですが、短い這って移動する時期を大切にし、思う存分ハイハイを楽しませてあげましょう。

出典: 将来伸びる能力の基礎を創る!1歳から2歳学習法 [早期教育・幼児教育] All About

「イヤイヤ」「自分でする!」2歳を見守る

自我が芽生え始める2歳児。なんでも「イヤイヤ」と反応し、第一反抗期に入ります。また一人ではできない事でも「自分でする!」と言い、挑戦したがりますね。2歳から3歳にかけての発達の特徴を知り、今、著しく伸びている能力を使うことにより、将来伸びる子供に育ちます。

出典: 将来伸びる能力の基礎を創る!2歳から3歳学習法 [早期教育・幼児教育] All About