愛情を言葉や態度でしっかり伝える

親が子どもを愛しているという事実だけでは、不十分です。どんなに愛しているかを言葉や態度でしっかり伝えなければなりません。子どもに届かなければ意味がありません。

リンク: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

子どもの話に真剣に耳を傾ける

親子の信頼関係を築くにはコミュニケーションが大切な役割りを果たします。子どもにうまく伝わる会話のコツをご紹介します。

出典: 2/4 子どもとうまく行く会話術 [子供のしつけ] All About

子どもは褒められることで成長する

「子どもはほめて育てよう」とよく言われますが、皆さんは普段お子さんをどのようにほめていますか? 子どもは、ほめられたことを素直に受け入れて、行動や態度が変わり、成長につながります。

出典: 子どもを上手にほめる方法 [子供のしつけ] All About

子どもをしっかりと抱きしめる

スキンシップというのは、不思議な力があるものです。幼いころと、もちろん形は違ってくるでしょうが、子どもがいくつになっても、スキンシップをするように心がけてください。

リンク: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

ママのスキンシップが多い子は脳まで違う!?

「抱っこばかりしていては抱き癖がつく」と言われたのは、もう昔の話。今は、「スキンシップは積極的に」という見方が主流で、それを促すベビーマッサージなどが人気です。スキンシップが子供にもたらす影響を、心理学の新旧の研究を交えてお伝えしていきます。

出典: 育児でスキンシップが大事と言われる一番の理由 [子育て] All About

1日5分でもいいから、子どもと向き合う

子どもは向き合ってくれる人を求めています。1日たった5分でもいいから、自分だけを見つめて欲しいのです。忙しいときでも、できる限り「あとでね。」と言わず、とりあえず1分でもいいから、子どもの話に耳を傾ける努力をしてください。

リンク: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

目指すべきは「サバイバル育児」ではなく「サステナブル育児」

家族との時間は量より質。3分でも濃密な時間を過ごせばそこから何かが変わります。限られた時間では一から十まで関わることが難しいですが、必要なのは時間じゃなくてセンスなのです。

出典: 忙しいビジネスマンのための3分間育児 [男の子育て] All About

就労しながらの愛着形成は母親の意思次第

心も体も健やかに成長し、自立している子供の中には早くから保育園に預けられた子も多くいます。保育園に子供を預ける親が知っておくべき愛着形成の解説と0母親が心がけたいことをお伝えします。

出典: 赤ちゃんを保育園に預ける親が知っておくべき愛着形成 [保育園・保育所] All About

夫婦が仲良くする

母親は父親のいいところを、父親は母親のいいところを子どもに聞かせてあげてください。そうすることで、父親、母親に対する信頼感は強くなり、いい親子関係を築くことにつながります。

リンク: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

夫婦喧嘩が子供の心に与える影響

アメリカの大学で行われた研究結果とともに、夫婦喧嘩が子供の心に与える影響についてお伝えしていきます。

出典: 夫婦喧嘩、子供への心理的な影響は? [子育て] All About

子どもを傷つける言葉に注意する

子どもは繊細過敏で感受性が豊かです。親が意識しないほど些細な言葉でも、子どもは傷ついてしまう場合があります。どんな時でも、無責任な言葉、愛情のない言葉を口にしてしまわないように気をつけましょう。そんな言葉はいつまでも子どもの心に深い傷として残ります。無意識な親の何気ない言動で、子どもは親に愛されていないのではないかと不安になることさえあります。

リンク: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

親が悪気なく使っているNGワード

真剣に話しているのに、何故か子どもに伝わらない、反抗的な目つきでこちらを見てくる。そんなことはありませんか。そんな時は、悪気なくNGワードを使っているのかもしれません。

出典: 子どもの反発を招く!親のNGワード集 [子育て] All About

「叩かなければわからない」は思い込み

親が子どもに対して、「叩いてでも教える」という表現がありますが、叩くという手段は、叱る側にとっての最終手段ではあっても、叱られる側にとっての最高の手段ではありません。

出典: 子どもには「叩かなければわからないこと」があるのか [男の子育て] All About

ときには厳しく叱ることも必要

本気で叱られないことに不満を感じる場合もあります。愛されていないと感じるのです。子どもは無意識に叱られることを求めて、非行に走る場合もあります。

リンク: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

ママを怒らせてでも注意を自分に向けたい

子供に何回注意しても同じことを繰り返す……。こんなとき、親は解決の糸口を見いだせぬまま、それでも繰り返して叱ってしまいます。心理学から見た「子供がその行動を繰り返す理由」、そして「それをストップする方法」とは?

出典: 怒られてもなぜ平気? 子供が同じ行動を繰り返す理由 [子育て] All About

子供心を傷つけるのが怖くて上手く叱れないときは…

「子供を傷つけたくないあまりに叱れない、でもしつけもしなくてはいけない、いったいどうすればいいの……」と悩むママは多いものです。子供は、どんな言葉で傷ついてしまうのでしょう? しつけや叱る場面での言葉選びのコツをお伝えしていきます。

出典: 子供心を傷つけるのが怖くて上手く叱れないママへ [子育て] All About

親の不安に子どもを巻き込まない

親は自分に不安があると、子どもにも何かとそういう態度で接してしまうため、子どもは親から離れるのが不安で幼稚園や学校に行けなくなる場合があります。親は悩みなどがあっても、不安を子どもの前では出さないように意識的に心掛ける必要があります。

リンク: 育て直しは何歳からでもできる 効果的に伝わる子どもの愛し方 [子供のしつけ] All About

「転ばぬ先の杖」は、子どもにネガティブな影響

心配するのは、子どものことが大切だから。かわいい子どもには、なるべくケガも病気もしてほしくないと思うもの。でも、心配しすぎる親や祖父母がついつい出してしまう「転ばぬ先の杖」は、子どもにネガティブな影響を与えてしまいがちです。

出典: 心配性の親や祖父母が子どもに与えるマイナスの影響 [子育て] All About