米が原料×樽貯蔵で、日本人好みの甘さが優しく残る泡盛

市販されている泡盛の多くがアルコール度数25度から30度なので、泡盛は強いお酒という印象を抱く方が多いと思います。沖縄では水割りで楽しむ食中酒として親しまれていますが、最近はハイボールとしても楽しめる泡盛が出てきました。それが木樽で寝かせた泡盛です。そんな樽熟成の泡盛をご紹介します。

ヘリオス酒造 くら

3年以上寝かせた泡盛は 「古酒(クース)」と呼ばれますが、その古酒をリーズナブルに楽しめるのが「くら」です。樹齢70〜100年のホワイトオークを使った樫樽で寝かせた泡盛は、独特の甘い香りとまろやかな口当たりを楽しむことができます。ヘリオス酒造がイベントに出店する際には、ビールのサーバーで注ぐ「くらハイボール」が出ていることもあるのでチェックしてみてください。

出典: Amazon.co.jp: 泡盛 ヘリオス酒造 くら 25度 720ml: 食品・飲料・お酒

神村酒造 熟成古酒 暖流

「暖流」は樽貯蔵泡盛の先駆けとなったブランドで、1968年に商品化されてから支持を集めている泡盛です。バーボンウイスキーの貯蔵に使用するオーク樽で貯蔵されており、ウイスキーのような甘い香りを楽しむことができます。暖流のハイボール=ダンボールという愛称で人気になりつつあります。

出典: Amazon.co.jp: 神村酒造 熟成古酒 暖流 琥珀伝説 30度 720ml [沖縄県]: 食品・飲料・お酒

宮の華 樽酒

宮古島近くにある伊良部島の、スタッフの8割が女性という酒造所・宮の華の「樽酒」です。3年と5年古酒をブレンドし、樫樽貯蔵した泡盛は泡盛ビギナーにも飲みやすい、繊細な味わいを楽しむことができます。

出典: Amazon.co.jp: 宮の華 樽酒 古酒30°720ml: 食品・飲料・お酒

久米仙酒造 奴樽蔵

名前がユニークな樽熟成の泡盛が「奴樽蔵(やったるぞう)」です。バーボン樽で貯蔵熟成した5年古酒をベースにした泡盛で、ストレートで飲むよりはハイボールやさらに柑橘系を絞るなど、何かで割って飲むのがオススメです。

出典: Amazon.co.jp: 泡盛 久米仙酒造 奴樽蔵 25度 720ml: 食品・飲料・お酒

今帰仁酒造 千年の響

樫樽での長期熟成貯蔵なのは他の泡盛と同じですが、何より特徴的なのはボトルです。ボトル全体を覆うラッピング、ラベルはコルク調という落ち着いた雰囲気は贈り物としても喜ばれています。

出典: Amazon.co.jp: 今帰仁酒造 泡盛 千年の響 長期熟成古酒 720ml [泡盛/沖縄県]: 食品・飲料・お酒

樽熟成した泡盛がウイスキーより色が薄いのはなぜ?

実は、ウイスキーとの誤認を避けるため、泡盛の色を濃くしすぎてはならないということが酒税法で定められています。そのため、樽熟成した泡盛の色が濃くなると、泡盛ではなくリキュールとして販売しなくてはならず、逆に泡盛として販売するためには色を薄くする必要があります。

八重泉酒造 BARREL

「八重泉 BARREL」は泡盛ではなく、泡盛ベースのリキュールです。石垣島の八重泉酒造所で造られた泡盛・八重泉を樫樽にて貯蔵熟成させた原酒で、度数は40度あります。ハイボールでもいいですが、ここまで来ると、香りを楽しみつつストレートでじっくりっと楽しみたいですね。

出典: Amazon.co.jp: 泡盛 八重泉 BARREL 40度 720ml 数量限定/八重泉酒造: 食品・飲料・お酒

久米仙酒造 G.E.M(ジェム)

こちらも泡盛ベースのリキュール「G.E.M(ジェム)」です。2001年蒸留樽貯蔵泡盛をベースに、1997年以前に蒸留した樽貯蔵泡盛(20年超樽古酒)をブレンドしているものです。Gem は英語で宝石を表しますが、G.E.M.はGenuine Extra Matured の頭文字をとったもので、特別に熟成させた本物の意味とのこと。ウイスキー好きの方にも試していただきたいお酒です。

出典: Amazon.co.jp: 泡盛 久米仙酒造 G..E.M.ジェム 42度/700ml: 食品・飲料・お酒

720ml で1,000円ちょっとのものから5,000円以上のものまで、かなり値段に開きがありますが、カジュアルにハイボールを楽しみたいのであれば「くら」や「暖流」を、ウイスキーのようにストレートやロックでも楽しみたいのであれば「G.E.M」や「八重泉 BARREL」がオススメです。日本人好みの甘さが香る樽熟成泡盛、ぜひ一度お試しください。