自立した子どもが育ちやすい家をつくるには

子ども部屋は必要? 知っておきたいメリット・デメリット

数年前「頭のよい子はリビングで勉強する」という本が話題になり、「子ども部屋の在り方」について再考されるようになりました。子ども部屋は本当に不要なのでしょうか。 住まいの性能・安全ガイド井上恵子さんの意見は「子ども部屋はあってもよいと思う」、その理由とは?

出典: 子どもの独立を妨げない子ども部屋 [住まいのプロが提案「イエコト」] All About

スペース作りはいつ頃、どうやってはじめる?

子どものための場所が必要になってくるのは、どの時期からでしょうか。こちらの記事では子ども部屋をつくりはじめるタイミングについて子育てガイドの猪熊弘子さんが解説します。

出典: 2/2 子供部屋は本当に必要? [子供用品] All About

自立を促す子ども部屋の5つのポイント

小学校入学すると子どもの持ち物は急増します。勉強のものと遊びのものの仕分けや、プリントの整理、時間内での身支度など、こうした「自立」を促す子ども部屋について家具・インテリアコーディネートガイドの土橋陽子さんが教えてくれました。

出典: 自立を促す子ども部屋の作り方、5つのポイント [家具・インテリア] All About

子ども部屋の間取りでおさえておきたい3つのポイントとは

子ども部屋づくりで大切なポイントとなるのが、共に成長する間取りであること。「収納プラン」「密室化防止」「独立後の再生」の3つのポイントにしぼり、リフォームガイドのYuuさんがご紹介します。

出典: 子ども部屋の間取りで押さえておきたい3つのポイント [住宅リフォーム] All About

子ども部屋のレイアウトと同時に考えたい設備&建材

子ども部屋のレイアウトと同時に考えたい設備と建材、プランニングのコツとは?住まいの住設ガイドの岩間光佐子さんによると「早めに検討しておきたいアイテム」があるのだとか。

出典: 子供部屋のレイアウトと同時に考えたい設備&建材 [内装建材] All About