NGマナー1:イラッとされる余計なひと言

相手をイラッとさせるひと言!「さっきも言いましたけど……」

受け取ったメールに余計なひと言が書かれているとイラっとするもの。こちらもやり返すとヒートアップして、感情的なやりとりに発展してしまいますね。ビジネスメールでは冷静さが大切です。

出典: イラッとされる!ビジネスメールの余計なひと言4つ [ビジネス文書] All About

NGマナー2:学生気分の不適切な敬語

よく目にする3つのNG敬語、使ってませんか?「超」「ら抜き」「~的」

友達とやりとりするLINEや携帯メールとは違い、ビジネスではキチンとした言葉を使うのが最低限のルール。近年では、「若者言葉」や略語が流行したり、定着しているのも事実ですが、相手によってきちんと使い分けなければなりません。

出典: ビジネスメールの基本! 正しい敬語の使い方 [ビジネス文書] All About

「尊敬語」と「謙譲語」の違いが分からない人も多い

相手の行為には尊敬語、自分の行為には謙譲語。もし悩んだときは、主語が誰なのかをハッキリさせると答えがわかります。

出典: 2/3 ビジネスメールの基本! 正しい敬語の使い方 [ビジネス文書] All About

NGマナー3:カチンとさせるお詫びの文面

謝罪シーンでNGなのは、「謝罪の言葉が軽い」「言い訳する」「他人のせいにする」

謝るときは相手に会って直接気持ちを伝えるのがマナーですが、「小さなミスであれば」メールでお詫びすることもあります。そこで今回はメールで謝罪するときのポイントや文例、フレーズを紹介します。

出典: 許してもらえる!お詫びメールの書き方 [ビジネス文書] All About

メール自体のミスは、2回目のメールで挽回!

メールを送った後、「しまった!」と間違いに気づくことがあります。そんなときは2通目のメールでミスを挽回しましょう。お詫びは基本中の基本、そのほかのポイントを例文とともにご紹介します。

出典: メールのミスは2通目で挽回!謝罪の書き方とポイント [ビジネス文書] All About

NGマナー4:「とりあえず」のお礼メール

「また誘ってください」「次回は割り勘で」などは相手にいい印象を与えない

上司に誘われてご馳走になったとき。誘った人だって「楽しんでくれたかな」「料理は口に合ったかな」などドキドキハラハラしているのです。そこで「誘ってよかった」と安心させつつ、あなたの印象をアップさせるビジネスメールの極意をお伝えします。

出典: 上司が喜ぶ!食事をご馳走になった後のお礼メール [ビジネス文書] All About

お礼メールは「スピード」が大切

お礼メールは、遅くても24時間以内に送りましょう。2~3日後に送ったのではお礼の気持ちが伝わりません。お礼メールはスピード+文面がセットになって、はじめて威力を発揮するのです。

出典: 愛される! 食事や会食後のお礼メール [ビジネス文書] All About

NGマナー5:ビジネスシーンでの顔文字やマーク

これはやったらダメ!ビジネスメールのNG集

幼少の頃から携帯電話やパソコンに慣れ親しんだネット世代が特に注意したいのは、プライベートメールとビジネスメールの使い分け。顔文字や(笑)は原則としてビジネスメールでは使いません。 「!」「?」は、必要最低限にとどめましょう。

出典: これはやったらダメ!ビジネスメールのNG集 [ビジネス文書] All About