離婚前後の子どもたちの心を守る「伝え方」と「ケア」問題

夫婦の関係が、子供の心理にどのような影響を及ぼすか?

最近のアメリカの調査によると、親の喧嘩を頻繁に見て育った子供は、のちに悪影響が出やすいのだそうです。

出典: 夫婦喧嘩、子供への心理的な影響は? [子育て] All About

子どもにとって、安全・安心な場所であるはずの家庭が不安定で、これまでの家族の基本形が変化してしまうことほど、恐ろしいことはありません。

子どもの心の傷を最小限にするために、とにかくきちんと説明をして、理解と安心を与えてあげることが大事です。

リンク: 2/2 一生消えない?トラウマの原因は親にある! 夫婦の会話—その恐るべき影響力 [離婚] All About

子どもに離婚をつたえるときに注意したい5つのこと

親の離婚で傷つかない子どもはいません。そのつたえ方によっては、後々の子どもの人生を左右してしまうことも…。子どもにどう離婚をつたえたらよいのかについて紹介します。

出典: 2/3 子どもの人生にまで、影響をおよぼす?! 子どもに離婚をつたえるとき [離婚] All About

親の離婚に巻き込まれ、傷つく子どもたち

カップルの3組に1組が離婚をする今、離婚は親同士の問題ではすみません。むしろ子どもの方がショックを受けていることが多々あるのです。言葉や態度ひとつで子どもがショックを受け、将来に影響が出ないよう注意すべき点をまとめてみました。

出典: 親だけの問題ではない…離婚に巻き込まれる子どもたち [再婚] All About

離婚をつたえた後は、子どもの心のケアを忘れずに

子どもに理解させた上で動揺を最小限に抑え安心させてあげるには、どんなことをつたえたらよいのか? ということを、じっくり考えて欲しいものです。

出典: 3/3 子どもの人生にまで、影響をおよぼす?! 子どもに離婚をつたえるとき [離婚] All About

泥沼化する危険も…!子どもの「親権」や「姓」の問題

「どちらの親が親権者になれば、子どもにとって利益があって幸福か?」——これが、親権者を決める際の大原則です。

リンク: 2/3 親権者と監護者は、どうやって決める? [離婚] All About

子どもの年齢、共稼ぎかどうかで決まる!?

離婚の際、子どもをどちらが引き取るのか?は最大の問題。 どちらも「こればかりは何があっても譲れない!」となると、長引いて泥沼化しがち。いくつかの決着方法をぜひ参考にしてみてください。

出典: 2/2 泥沼化しがちな親権争いの乗り越え方 [離婚] All About

父親と母親どちらが親権を持つべきか?

「離婚には合意したけれど、子どもをどちらが引き取るかでもめている」という夫婦問題。最近は、父親が親権を要求するケースも増えている「親権争い」について解説します。

出典: 子供の親権、父親と母親どちらが持つかはどう決める? [離婚] All About

親権者と監護者、どうちがう?

「どうしても子どもと一緒に暮らしたい」「夫に子どもを渡したくない」となどと親権にこだわりすぎて離婚の手続きがなかなか進まないというケースもあります。そんなときは、「親権は夫にゆずって自分は監護者になる」という選択方法もあります。

出典: 3/3 親権者と監護者は、どうやって決める? [離婚] All About

離婚したら、子どもはどちらの姓を名乗るべき?

親権者となるのが母親のとき、その子どもの姓はどうなるのでしょう? 具体的なパターンは2つ。それぞれを、みていきましょう。

出典: 離婚したら、子どもの姓はどうなるの? [離婚] All About

損をしないため、子どもの将来のために必須の「お金」問題

養育費の相場ってどれくらい?

「手続きが大変そう……」と面倒がっていては損をしてしまうのが養育費。本人だけではなく子どもの生活や将来のことも考えて、しっかりもらえるようにまずは詳しい知識を身につけましょう。

出典: 2/2 養育費はどうやって決まる? [離婚] All About

養育費がもらえない離婚のケースとは?

慰謝料ゼロの離婚や養育費が支払われない離婚のケースに要注意! 離婚後の生活でお金の問題に悩まされないために、慰謝料や養育費がもらえない離婚についてお話ししましょう。

出典: 2/2 慰謝料や養育費がもらえない離婚のケースとは? [離婚] All About

「子どものため」に離婚すべきか、思いとどまるべきか。迷った時の決め手とは?

離婚を迷っているのは本当に「子どものため」か

「子どものために、今はまだ離婚したくない」のは本当に「子ども」のため? 子どもは親のちょっとした言葉に深く傷つくことがあります。自分自身の本音をしっかり把握して、子どもに誤った罪の意識を持たせないで!

出典: 離婚を先延ばしにするのは「子供のため」? [離婚] All About

「子どものために」と離婚を迷っている人へのアドバイス

離婚は人生においてとても大きな選択です。小さな子どもがいるならなおさら。結婚生活の中で「離婚」の2文字が浮かんだとき、何をどこから考えればいいのでしょうか?

出典: 「子どものために」と離婚を迷っているママへ [子育て] All About