スーパーカーとは?

「ランボルギーニミウラというクルマを、できるだけ短いフレーズで解説するとしたならば、“現代スーパーカーの始祖”、となるだろう。現代に至るランボルギーニブランドのコアイメージを作りだしたのはカウンタックだったが、ミウラはスーパーカーというカテゴリーそのものを生み出したのだった。」

“スペック・アピール”はスーパーカーに欠かせないポイントだ。そのスタイリングとともに、核心であると言っていい。常に世界トップレベルの性能であることが求められるし、性能の進化なしに顧客からの継続的な支持も得られそうにない。

けれども、“性能を発揮すること”が、必ずしも重要でないことは、公道上で試すには非現実的な最新スペックを見れば、誰でも判ること。600馬力、700馬力、なんて、公道はもちろんのことサーキットでもその実力をフルに引き出すことは難しい。(スーパーカー乗りは気分重視で飛ばさない、とも。しゃかりきに高性能を試さずとも感動できる。それこそが、本当によくできたスーパーカーの証だ。)

(サーキットでは)クルマを信じることが楽しむコツ。制御プログラムに優れる、最新スーパーカーの全てに言えることでもある。

人気&注目の輸入車スーパーカーレビュー集

ランボルギーニ ミウラ

スーパーカーというカテゴリーを生み出したランボルギーニミウラ。“美女の容姿をまとった悪魔の猛牛”の生い立ちについて解説。生誕50周年を記念したミウラ・ツアーの様子もレポートしています。

出典: 50周年を迎えたランボルギーニミウラとは [ランボルギーニ] All About

ブガッティ シロン

世界最速の超高級車ヴェイロンの後継となるのがシロン。1500馬力の8L W16クワッドターボを搭載し、0-100km/h加速2.5秒以内、最高速420km/h以上、世界限定500台、そして価格は240万ユーロ(約2億8800万円)!! “世界最高のロードカー”です。

出典: お値段約3億円!"世界最高のロードカー"シロンに乗る [輸入車] All About

フェラーリ 812スーパーファスト

最後のピュア自然吸気パワートレイン搭載モデルともウワサされる、旗艦モデル伝統の「V12をフロントミッドに積むFRの2シータークーペ」を踏襲したフェラーリのフラッグシップ。“800馬力のFRを楽しむ、というピュアスポーツカーと、実用GTカーらしさを両立しています。

出典: 800馬力を楽しむ、フェラーリ812スーパーファスト試乗 [Ferrari(フェラーリ)] All About

ランボルギーニ アヴェンタドールS

車名をシンプルな名称に変更した、ランボルギーニのフラッグシップ。V12エンジンを縦に置き、ミッションをキャビンに向けて配置する独特のレアウトを採用。ウェットコンディションのサーキットでフルスロットルが楽しめるほど、その走りはさらに進化しています。

出典: 途方もないレベルのスーパーカー。アヴェンタドールS [ランボルギーニ] All About

アストンマーティン ヴァンキッシュ

V12を積む老舗英国ブランドのフラッグシップ。 グラマラスで美しいスタイルと妖艶でエレガントなインテリア。タイトベントから高速コーナーを思い通りに、長距離ドライブを優雅にこなす。これぞFRスポーツ!

出典: これぞFRスポーツ、老舗の矜持が伝わるヴァンキッシュ [輸入車] All About

アウディ R8

全速度域における上質で乗り心地に優れたライドフィールと、限界域における非常に高いスポーツ性能とを見事に両立させた“実用的スポーツカー”。イタリア製スーパーカーではまるで体感できない、マシンを自在に動かすという感覚を味わえます。

出典: “精密で快適”なスーパーカー。アウディR8に乗る [Audi(アウディ)] All About

フェラーリ 488GTB&スパイダー

フェラーリの中核モデルであるV8ミッドシップ2シーター。ついにターボエンジンを搭載、高回転域でのドラマチックさではNAに敵わないものの、驚くべき絶対性能を備えています。

出典: フェラーリ488GTB&スパイダー試乗。新・人馬一体理論 [Ferrari(フェラーリ)] All About

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

むやみな馬力競争よりも操る速さと楽しみ重視したという、V10NAエンジンを積むウラカンのハイパフォーマンスモデル。独自のカーボンを用い徹底的に軽量化、新開発の空力デバイス“ALA”を装備し、ニュルブクリンク北コースで量産車最速を誇ります。

出典: 量産車最速!ランボルギー二・ウラカン最新モデル試乗 [ランボルギーニ] All About