【1】「直前対策」の重要性を伝える

「暗記型」から「アウトプット型」への切り替えがカギ

暗記は目的であってゴールではありません。せっかく頭に詰め込んだ知識を本番でアウトプットするには「問題に慣れる」ことが大切です。直前対策は、より多くの問題を解くのがおすすめです。

出典: 4/5 入試までのスケジュールと心構え [高校受験] All About

【2】「平常心」を保つコツを伝授する

あがらない体質は「苦手分野の克服」が鍵

苦手分野の試験は、得意分野よりも緊張するものです。ですが闇雲に苦手分野に取り組むのでは非効率的。まずは苦手分野を正しく特定する必要があります。ここでは「過去のテスト」を振り返るコツを伝授します。

出典: 冬休み直前! 自分の苦手分野を特定する10の方法 [高校受験] All About

【3】「やる気スイッチ」でコントロールする

勉強は途中でやめた方が、後でやるときにやる気のスイッチが入りやすいのです。これはエンジンを切らずに、ニュートラルのまま待機している状態。完全には集中力を切らさずに、それでいて、またやろうと思ったときにいつでも動ける状態なのです。

リンク: 集中力もアップ!「やる気スイッチ」の入れ方 [2018年・受験シーズンスタート! - 学習・勉強法] All About

【4】“受験スランプ”の時こそ手を差し伸べる

受験スランプから1日で脱出するための解決法

受験にスランプはつきもの。勉強ばかりの日々で狭くなった子どもの視野を拡げるのは親の役目です。さくっとできて効果てきめんの、高い場所に登る→ストレッチ→魔法の言葉について、詳しく解説します。

出典: 受験勉強のスランプから1日で脱出!親ができる解決法 [高校受験] All About

【5】「朝型習慣」を身につけさせる

朝起きた時の脳は、新しい情報がどんどん入るクリアな状態になっています。また朝の時間は、ドーパミンやアドレナリンなどの脳内物質が大量に分泌され、集中力ややる気を生み出します。このように、科学的見地からも、朝勉強することは、とても効率が良いことが分かります。

リンク: 「朝勉強」のススメ~朝は勉強のゴールデンタイム~ [子供の教育] All About

【6】脳にいい「ブレインフード」を食卓に

記憶力・集中力がアップしやすい食材とレシピ

頭の良くなる食べ物、いわゆる「ブレインフード」が近年注目されています。ブレインフードをさりげなく毎日の食事に取り入れるだけでも、プレッシャーを与えることなく子供をサポートできます。過度な期待は禁物ですが、心がけてみて損はありません。

出典: 頭のよくなる食べ物 [早期教育・幼児教育] All About

【7】「寒さ対策」に眠くならない方法を取り入れる

ストーブやヒーター、エアコンの暖房などは、暖かい空気が頭の方に集まってしまい、眠気を誘うことに。シーブリーズを首元Vゾーンへ(耳裏から首筋へかけて)塗布したグループは、そうでないグループに比べて、ワーキングメモリー、選択的注意、計算速度といった学習能力が有意に向上するという結果が得られています。

リンク: 子どもの受験勉強を応援!集中力を持続させる秘訣とは [2018年・受験シーズンスタート! - 高校受験] All About

【8】年末年始もメリハリ!を徹底させる

受験生の理想的な年末年始の過ごし方

受験生にとって最後の山場は「冬休み」。志望校の合否すら分ける年末年始ですが、一度乱れた生活習慣は、元に戻すのが大変! 12月31日と元日の2日間以外は、ゆるやかな勉強モードを維持するのが理想的です。

出典: 受験生にとって理想的な年末年始の過ごし方 [2018年・受験シーズンスタート! - 学習・勉強法] All About