恐怖を与える叱り方はなぜNGなのか?

恐怖を与える叱り方はなぜNG?

恐怖を与える方法は、即効性がありますので、効果がある様に感じるかもしれません。また、「これは躾の範囲」と言う親もいますが、躾であろうと注意であろうと、子どもに恐怖を与え、分からせようとする事は間違っており、結果的には効果がありません。その理由と効果のある叱り方を考えてみましょう。

出典: 恐怖を与える叱り方はなぜNG?効果抜群の叱り方は? [子供のしつけ] All About

NGパターン1:「叩く」ことは、動物を調教して人間に従わせるような行為

「叩かれなければわからないことがある」という信念に基づいて育てられた子は、うまく伝えられないことがあるときには「叩く」という手段を選べばいいと学んでしまうということです。それが国家単位で広まると、外交ではなく、戦争という手段で他国とコミュニケーションをとるようになるのだと思います。恐ろしいことです。

リンク: 子どもには「叩かなければわからないこと」があるのか [男の子育て] All About

「叩かなければわからない」は思い込み

親が子どもに対して、「叩いてでも教える」という表現がありますが、叩くという手段は、叱る側にとっての最終手段ではあっても、叱られる側にとっての最高の手段ではありません。

出典: 子どもには「叩かなければわからないこと」があるのか [男の子育て] All About

子どもを叩くことの影響は?

子どもを叱るとき、頭を叩いたことはありますか。子どもがイヤイヤ期を迎え、3歳4歳まで続くと、ついカッとしてしまうこともあるでしょう。叱るときに一度も子どもを叩いたことがないママは少ないかもしれません。叩くことの子どもへの影響、叩かない子育てについて考えてみましょう。

出典: 子どもを叩くことの影響は?子どもを叩かない子育て [子供のしつけ] All About

NGパターン2:「怒鳴る」ことは、子どもの自信を喪失させる

怒鳴らずとも、別のコミュニケーション方法を

怒鳴ったりする親は、自分が子ども時代に怒鳴られた経験をもっていることが多いと言われています。だとすれば、考えてほしいと思います。自分が怒鳴られたり、きつくしかられることによってよい方向に向いたか、ということを。

出典: 怒鳴ることはしつけになるか? [子供のしつけ] All About

気持ちが落ち着いたら怒鳴ってしまったことをフォローしよう

イライラして怒鳴ってしまうこと、ありますよね。怒鳴りたくなった時の対処法、子どもの心への影響、怒鳴ってしまった後のフォローの方法をご紹介します。

出典: 子供を怒鳴るのはママの心のSOS! [子育て] All About

NGパターン3:「罰する」ことには、教えがないうえに副作用もある

「罰を与えても」問題解決には全く効果がない

虐待のニュースが後を絶たない昨今、しつけのために罰を与えているという状況ををよく耳にします。しかし、罰はしつけではありません。「罰・脱却」を訴えるひとりとして、子育て心理学の見地から、罰の4つの悪影響についてお伝えしていきます。

出典: 子供を罰しても問題解決しない4つの理由 [子育て] All About

NGパターン4:存在否定や他人との比較……「言葉の虐待」は絶対にタブー

言葉の虐待!? 言ってはいけない子どもへのひと言とは?

子どもは親の何気ない一言をしっかりと覚えており、ときに言葉の虐待となる事さえあります。子育て中の親にとって、子どもに言ってはいけない一言とは?

出典: 2/3 言葉の虐待!?言ってはいけない子供へのひと言とは? [子育て事情] All About

子どもを叱る際に、心がけておきたい3つのポイント

叱る時も、お互いを認め合う関係を保ちながら

子どもを叱る時、「そのように育てたのは自分自身である」という振り返りを一旦しましょう。そうすることによって、子どもの気持ちに歩み寄って叱ることができるでしょう。

出典: 2/2 恐怖を与える叱り方はなぜNG?効果抜群の叱り方は? [子供のしつけ] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項