眠っている間にキレイになりたい人のための快眠術&入眠ワザをご紹介します。

美肌はいい睡眠で作られる

「眠ってから3時間」が美肌のカギ!

肌代謝は眠っている間に行われます。特に活発に肌代謝が行われているのが、個人差もありますが、眠りについてからのおよそ3時間の「ノンレム睡眠」といわれる時間だといわれています。ノンレム睡眠とは夢などを見ていない「深い眠り」のことで、この間に肌代謝を促進する「成長ホルモン」がさかんに分泌されるのです。

成長ホルモンの分泌は20歳ぐらいから徐々に減少してしまいますが、若さを保つためには、なるべく自分の体から成長ホルモンが分泌されるようにぐっすり眠ることが大切です。

出典: 眠り方で体が変わる!老けない&太らない睡眠術 [アンチエイジング] All About

今日からできる!快眠&入眠テクニック

ぬるめの風呂(42度以下)に20分くらいつかる

夜の入浴では、内臓や器官を休ませる副交感神経を優位にして、体をお休みモードにしてあげましょう。寝る1時間前ぐらいに入浴し、寝るまでの間に徐々に体温を落としてあげると快眠につながります。

出典: お風呂で美人!美容&ダイエットに効く入浴方法 [ボディケア] All About

眠る前には軽いストレッチをする

ポイントは力を入れ過ぎたり、呼吸を止めないこと。無理をせずちょっとだけ体を動かすことで、血行を促進して体を温めておくと、ポカポカと気持ちいい眠りにつけます。その日の気分で動かしたいところを動かすだけで大丈夫です。

出典: 5/5 眠り方で体が変わる!老けない&太らない睡眠術 [アンチエイジング] All About

目元と首元を温めて心身をリラックスさせる

「首もと」と「目もと」は、短時間で心地よい温かさを感じることができる部位。就寝の30分くらい前に、首もとや目もとをやさしく温め、心と体をリラックスモードに切り替えましょう。

出典: 2/2 ぐっすり眠って美肌に!快眠を得るたった2つのコツ [スキンケア] All About

眠る前の30分はパソコン・スマートフォンは使わない

スマートフォンやパソコンなどデジタル機器のブルーライトと呼ばれる光は要注意。刺激が強く、メラトニンの分泌を抑制してしまうと言われています。就寝前30分はパソコンやスマートフォンは使わないようにしましょう。

出典: CAも実践!就寝前30分のぐっすり眠れる快眠のコツ3選 [ボディケア] All About

ヒーリング効果のある音楽を活用する

人の耳には心地よい音を無意識のうちに優先的に聞こうとする機能があると言われています。波の音や自然音、ヒーリングミュージックなどの快眠ミュージックの中から、自分に合った一つを見つけてみては。

出典: 2/2 CAも実践!就寝前30分のぐっすり眠れる快眠のコツ3選 [ボディケア] All About

眠る前の飲み物は「カモミールミルクティ」がオススメ

やさしいお花畑のような香りのカモミールには不安や緊張を和らげる働きがあります。牛乳には、入眠の際に必要なセロトニンという脳内物質をつくるアミノ酸「トリプトファン」が多く含まれているので「カモミールミルクティ」がオススメです。

出典: 3/5 眠り方で体が変わる!老けない&太らない睡眠術 [アンチエイジング] All About