里帰り出産をする人が減っている!?

里帰り出産が減っているのはなぜ?

あるアンケート調査によると、9年前および5年前と比較して、里帰り出産が減っているという結果が出ています。その背景にはいったい何があるのでしょうか。

出典: 里帰り出産が減っている!? [出産準備] All About

里帰りしない派のメリットは?

産前産後の時間を共に過ごすことで育児の大変さを共有できる

出産後、悩みの一つとして多く挙げられるのが、夫婦の関係性の悪化。赤ちゃんの誕生は喜ばしいけれど、なぜか家庭が険悪になってしまったという夫婦も。産後の大変な時期に夫婦がまったく意思疎通できず、「里帰り離婚」するという事態は避けたいものです。

出典: なぜ? どうする? 産後の夫婦のすれ違い [産後の基礎知識] All About

里帰り出産のデメリットは、夫と離れて暮らすこと。距離が離れると、赤ちゃんが生まれるという臨場感を感じにくくなったり、誕生後赤ちゃんは日々成長するので、それを実感できないため、父親としての意識が芽生えにくいということもあります。

リンク: 里帰り出産はいつから? 事前準備や期間の目安 [出産準備] All About

里帰り出産をせずに、夫と協力して産まれたばかりの赤ちゃんを育てていいけば夫婦の絆も深まります。

リンク: 里帰り出産が減っている!? [出産準備] All About

実母や義母からの「子育て干渉」にストレスを抱えなくて済む

祖母は確かに育児の経験は豊富です。一方、現代の母親は最新の育児情報をキャッチして、それを子育てに活かそうとしています。時代と共に子育ての考え方も変化していますので、どうしても世代間のギャップが生じてしまいます。

出典: どうする?義母・実母との子育てギャップ [出産準備] All About

里帰り出産によって実家のライフスタイルに合わせなければならなくなることに対して、多少の精神的なストレスを感じてしまう懸念も、背景にあるような気がします。

実家の親にお世話になるのですから、文句は言えないものの、食事の内容だったり、一緒に見るテレビ番組だったり……。自宅では好きな音楽をリビングで流しているけれど、実家ではなかなかそうもいきませんよね。

リンク: 里帰り出産が減っている!? [出産準備] All About

「里帰りしない出産」を選んだママたちの体験談

辛いのは今だけ、「1ヶ月はがんばる」と乗り切ったママ

産後は、自宅で赤ちゃんのお世話をしました。実家の母に日中は手伝いに来てもらっていたのですが、里帰りじゃないので辛いことも多かったです。そんな私の産後の切り抜き方法を紹介します。日数を経ると赤ちゃんも笑うようになって、お世話も楽しくなりますよ。

出典: 辛いのは今だけ、「1ヶ月はがんばる」と思うこと! [産後の基礎知識] All About

転勤先での32歳での初産、両親は高齢の為頼れなかったママ

予定日前には私が食べる物を2週間分位冷凍して確保しました。実際に長男が産まれると、目の前に赤ちゃんがいる現実が嬉しくて、寝てなんかいられませんでした。しかし、体調が回復しない場合は無理をせず、行政サービス等をどんどん利用しましょう。やっぱり無理は禁物です。

出典: 子供が可愛くて動けちゃいました [産後の基礎知識] All About

心配なポイントをひとずつクリアすることで産後ゆったりと過ごせたママ

里帰りしないで出産するのは、いろいろと心配なことが出てくるのではないかと思います。私は心配だった4つのことを、3つのポイントを念頭に解消しました。産後1か月間、ゆったり過ごすことができました。

出典: 3つのポイントで産後をゆったり過ごしました [産後の基礎知識] All About

もっとも大切なのは「無理をしない」ということ

出産直後、ママの身体に待ち受けていること

出産したらラクに……なるわけではないのが、産後。出産直後の母親には、身体・心・生活といった様々な面で、大きな変化が起きています。今回は、男性にもぜひ知ってもらいたい「産褥期(さんじょくき)」について、その重要性と過ごし方を取り上げます。

出典: 出産直後の養生って?重要性と過ごし方 [産後の基礎知識] All About

気合いだけでは乗り切れない!周囲に協力を求めて

「出産は病気じゃないし」「私は元気だから大丈夫」と、産後すぐに張り切って動こうとする人もたくさんいますが、無理は禁物。子育てはみんなでするもの、くらいの気持ちで、周囲に協力を求めてみましょう。

出典: 2/2 出産直後の養生って?重要性と過ごし方 [産後の基礎知識] All About