子供の好き嫌い……栄養面では大丈夫なの?

大抵の場合は親が色々な食品を与えれば、子供は本能的に体が必要な栄養素を摂取するので、極端に心配する必要はありません。ただし、「本当に何も食べない」状態が続いたり、体重が減ったりする場合は、何か別の問題が潜んでいる可能性もありますので、医師に相談するようにしましょう。

リンク: 離乳食・幼児食…子供の好き嫌いの直し方・付き合い方 [栄養管理] All About

現代の日本ではよほどの偏食をしない限り、成長が遅れてしまうほどの栄養失調に陥ることはありません。ただ、不足気味の子供ちも確かに存在していて、落ち着かない・キレやすい・骨がもろいといった状態が表れる原因の一つとも考えられています。ですから、子供の栄養状態は親が意識して管理してあげることが必要です。

リンク: 3/4 好き嫌いの多い子どもに サプリは有効? [美容サプリメント] All About

1~4歳児頃からはじまる子供の好き嫌いの特徴と対策

幼児期の食習慣の形成はとても大切であり、この時期の食育が一生の栄養管理の基本となります。今回は1~4歳くらいの子供の好き嫌いと上手に付き合うコツを紹介します。これを読めば今日から余裕を持って食育できるはず!

出典: 離乳食・幼児食…子供の好き嫌いの直し方・付き合い方 [栄養管理] All About

好き嫌いの多い子どもに「サプリ」を与えるという選択肢はアリか?

食わず嫌いの子どもにはサプリをあげるべき?栄養の摂りすぎにならない?あげなくても大丈夫?賛成派も反対派もそれぞれ主張する理由があります。サプリメントのプロと食育指導士という二つの顔を持つ専門家が、両方の目線から子供のサプリメント利用について考えます。

出典: 好き嫌いの多い子どもに サプリは有効? [美容サプリメント] All About

食べ物の好き嫌いはなくした方がいいのか?

好き嫌いをなくすことの、心理的なメリットとは?

バランス良く食べることは健康維持に大切なことというのは基本。実は、好き嫌いをなくすことには、心理的なメリットもあるのです。

出典: 2/2 好き嫌いが多い子の偏食を改善するヒント [子育て] All About

好き嫌いを減らすための克服法

食べないときは見守ってみよう

食欲があまりなさそうで食事をしないときは静かに見守ってみましょう。食べることを強要すると、食卓が親と子の意地の張り合いの場になってしまうこともあります。ただ、食事をしないからといって、子供の好きなお菓子などをあげないようにしましょう。

出典: 幼児の食事の量と栄養バランス【管理栄養士が解説】 [栄養管理] All About

子供と一緒に食事の準備をしてみる

子供と一緒にスーパーに行って野菜や果物などを一緒に選びましょう。食べ物を見ながら季節の話をしたりすると食事に興味もでるはずです。親も食べたことが無いような食材に興味を示すこともあるはずです。

出典: 幼児の食事の量と栄養バランス【管理栄養士が解説】 [栄養管理] All About

ママがニコニコ顔で食べていると好き嫌いがなくなる!?

食べない子についママはイライラしてしまいがちですが、実はママのイライラ顔は、逆に子ども達の食への抵抗感を引き上げてしまうということが分かりました。ママの表情と子どもの食欲の関係を、フランスの大学の研究結果とともにご紹介したいと思います。

出典: 食べない子を食べる気にさせるママのひと工夫 [子育て] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項