【1】「勉強しなさい」と言わない

「東大合格する子の親は勉強しろと言わない」は本当か

「子供に勉強をさせたければ、『勉強しなさい』と言ってはいけません」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。「東大や有名大学に合格した子供を持つ親は、決して『勉強しなさい』とは言わなかった」と書籍やメデイアでも時々取り上げられていることがありますね。では「勉強をしなさい」と言わなければ、子供は本当に勉強をするのでしょうか?

出典: 「東大合格する子の親は勉強しろと言わない」は本当? [子供の教育] All About

【2】子どもに選択肢を与える

子どもをやる気にさせるには、自分の意志でやっているという気持ちにさせることです。
「宿題、どれから始めるの?」
「何時から始めるの?」
「どこでするの?」
などと問いかけて、子どもに決めさせましょう。

リンク: 宿題嫌いの子をやる気にさせる7つの秘訣 [子供の教育] All About

【3】きょうだいや友達と比べない

勉強が更に苦手になる子供に対して悩む親は、「お姉ちゃんは自分から勉強していたわ」等と他のできる兄弟姉妹、友達と比べてしまいます。こうなったら子供にとって、勉強は苦痛そのものになってくるでしょう。

リンク: 勉強嫌いの子供のやる気を引き出す親サポートのコツ [子供の教育] All About

【4】環境を整える

リビングか個室か、子供の性格や家族の状況から考える

個室を与え、勉強に集中できる環境を用意したのだけれど、思ったように勉強がはかどらない、ということも。親も子も疲れないように、自然な形で取り組んでいけるような空間づくりを考えたいものです。

出典: 学習がはかどらない「間違った」勉強部屋の見直し法 [子供の教育] All About

【5】親も勉強する姿勢を見せる

「ママも知りたいわ」と今、勉強が分からなければ今後困る事や、親も「学びたい」という気持ちを言葉で表現し、勉強に興味を抱きましょう。
子供はママが大好きです。勉強は嫌でも、ママと一緒に過ごす時間は嬉しい時間となるでしょう。その時、子供だけに勉強をさせるのではなく、ママも一緒に学ぶ姿勢を示す事で、子供は勉強に興味を持ち始めるようになってきます。

リンク: 勉強嫌いの子供のやる気を引き出す親サポートのコツ [子供の教育] All About

【6】頑張ったらほめ、結果が出たら喜びを共有する

出来た問題があれば、少し大げさに「すごい!」「できたね!」と喜んであげましょう。そして「ママも分からなかったのに、○○君、頑張ったね、教えて!」と話すと、子供は得意気に説明してくれるでしょう。

リンク: 勉強嫌いの子供のやる気を引き出す親サポートのコツ [子供の教育] All About

【7】とりあえず、1問、やらせてみる

「とりあえず、1問だけやってみたら?」と声をかけましょう。やってみると、思っていたよりも簡単で、続けてやってみようという気持ちが起こり、いっきに終わってしまうことも少なくありません。

リンク: 宿題嫌いの子をやる気にさせる7つの秘訣 [子供の教育] All About

【8】勉強する意味を考える機会を与える

勉強のおもしろさを味わえるように導いてあげる

本来、勉強は楽しいものです。勉強することでおもしろく感じられるようになったものは、飽きるどころか、勉強することでもっと奥深いおもしろさを感じることができるようになるのです。

出典: 勉強のおもしろさを味わうための勉強法 [子供の教育] All About

【9】ときには勉強後のご褒美をあげる

例えば、「宿題、早く終わらせちゃったら、あのテレビ、一緒に見れるよね」などと言って、終わった後の楽しみを励みに頑張らせましょう。ただ、「宿題終わったら、アイスあげるね」などと、物で釣るのは考え物です。ご褒美がなければ、宿題をしないということにもなりかねません。

リンク: 宿題嫌いの子をやる気にさせる7つの秘訣 [子供の教育] All About

【10】常に見守り、声をかけ、応援する

子どものやる気を引き出す7つの声かけ法

良いと言われるやり方で子どもに接しても、100%うまくいくとは限りませんが、知っていた方が効果は期待できる7つの声かけ法について紹介ます。

出典: 子どものやる気を引き出す7つの声かけ法 [中学受験] All About