なんとかしたいクマの隠し方をレクチャーします。

「年齢クマ」「骨格クマ」を隠すときの正解は?

完璧にクマを隠そうと思わないで!

顔の彫が深いということは、メリハリがついた顔なわけで、骨格上、どうしても影が出やすくなります。目のまわりはくぼんでいて影になるわけですから。
一方、年齢と共に皮膚がたるむことによってできるクマの場合は、まぶたの脂肪が落ちて目の下にたまるのが原因。どちらもメイクで立体の影をカバーするには、限界があるんです。

そもそも目の下のクマは、「ある程度目立たなくなっていればいい」ぐらいの心持ちでカバーすれば大丈夫。
コンシーラーでカバーした上で、他に目立つポイントを作って、そちらに視線を集めるのも効果的です。

出典: 疲れだけじゃない?骨格によるクマを隠す方法 [山本浩未のきれいのソース] All About

例えば、アイラインをくっきり引く。マスカラを根元にしっかりつける。眉を印象づける。これは、厚化粧にしろってことではなくて、顔の中の「黒」をちゃんと効かせるってこと。顔の中の「黒」とはまつ毛や瞳、まゆ毛です。ここの黒を際立たせれば、結果的に目の下のクマが目立たなくなります。

リンク: 疲れだけじゃない?骨格によるクマを隠す方法 [山本浩未のきれいのソース] All About

おすすめなのはアイラインの2度使い。いつものアイラインの後に、リキッドの黒をまつ毛際にさらに効かせる。ラインは細くてくっきり際立ち、結果クマが目立たなくなりますよ!

リンク: 疲れだけじゃない?骨格によるクマを隠す方法 [山本浩未のきれいのソース] All About

まずは、コンシーラーで上手にクマをカバーしよう

まずは、柔らかめのコンシーラーを選ぶ

目まわりは皮膚が薄くしわになりやすいので、コンシーラーは柔らかめで伸びが良い、チップタイプがオススメです。また自分のクマの色によってコンシーラーの色を使い分けることも大切ですよ。

出典: クマを撃退!簡単コンシーラーの使い方 [ベースメイク] All About

ブラシで塗れば、仕上がりが美しくなる

ブラシを使うと、指と違ってコンシーラーを細部にまで塗ることができるので、仕上がりもとても美しくなります。また、コンシーラーを塗る量を調整でき、ムラなく仕上げることも可能です。

出典: ブラシを使えば超簡単!コンシーラーの美肌テクニック [ベースメイク] All About

コンシーラーの疑問をまとめて解決

種類がたくさんあって、私はどれを使えばいいんだろう?コンシーラーは持っているけど、正しい使い方がイマイチわからない……。そんなお悩みの声にお答えします。

出典: コンシーラーのよくあるお悩み&解決テクニック [メイク・メイクアップ] All About

アイラインを効かせたメイクで、目もとの印象を操作しよう

ペンシルアイライナーの上手な使い方

リキッドアイライナーは落ちにくく、クッキリした線が引けるという利点がありますが失敗したときに修正しづらいので、メイク苦手な人は、ぼかして修正できるペンシルアイライナーからトライしてみましょう。

出典: メイク初心者でも簡単!ペンシルアイライナーの使い方 [アイメイク] All About

リキッドアイライナーの上手な使い方

リキッドアイライナーは、細いラインから太いライン、目尻のハネ上げ(キャット)ラインの角度まで自由に描くことができるので、様々な目元を演出することができるのが魅力です。

出典: 簡単に美ラインを描く!リキッドアイライナーの使い方 [アイメイク] All About

ジェルライナーの使い方上手な

印象深い目元を作るジェルアイライナー。使ってみたいけど……難しそうと、敬遠している人も多いのでは? でも、心配はご無用。コツさえつかめばすごく簡単にキレイなアイラインがひけるので、目力アップ必須アイテムとして、是非トライしてみてください。

出典: ジェルライナーの使い方 [アイメイク] All About

アイラインの落ちる・滲むを防ぐ方法

1:アイシャドウ前にパウダリング
2:アイラインの上にアイシャドウを塗布
がおススメです。やり方をご紹介します。

出典: 【アイラインの悩み】上手に描けない!色落ちする! [メイク・メイクアップ] All About