お気に入りの一足が臭くて履けない…なんてことにならないように、臭い始める前からきちんと対策しましょう。

ブーツを履いた足はどうして臭くなる?

足裏は、1日コップ一杯分の汗をかきます

足の裏は汗腺の密集度が体の中で一番多く、通常の皮膚に比べ3倍以上の汗腺があります。なんと、両足で1日コップ1杯もの汗をかくのです。

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺がありますが、エクリン汗腺には無臭で臭いがありません。本来であれば、足裏の汗腺はエクリン汗腺なので無臭なのですが、汗が足裏の雑菌と結びつくことによって、強い臭いに変化してしまうのです。

出典: ブーツの季節!足の臭いの原因と対策 [フットケア] All About

足裏は皮脂腺がないため乾燥を予防することが難しく、湿度が下がると肌はかさつきを始めます。特に冬場は角質ケアを怠りがちになりますし、乾燥により足裏が鏡餅の様にパックリと割れてしまう状態となることさえあります。

さらに、足裏に溜まりすぎた角質は、ニオイの元凶となる雑菌の栄養分となってしまうというから、放置は禁物です。

リンク: ブーツの季節!足の臭いの原因と対策 [フットケア] All About

冬場のブーツ足が臭いやすい理由

・足裏は多量の汗をかく。
・汗が雑菌と結びつくことで、強いニオイを発生させる。
・ブーツが通気性がわるく、雑菌が繁殖しやすい。
・足裏は皮脂腺がなくかさつきやすい。増えた足裏の角質が、雑菌の栄養分となってしまう。

リンク: ブーツの季節!足の臭いの原因と対策 [フットケア] All About

本来無臭の汗ですが、雑菌と結びつく事により強い臭いを放つのです。靴の中は、砂・土などが入りやすく衛生的でないため雑菌が繁殖しやすく、また足裏の角質は雑菌の栄養となってしまいます。特にブーツは通気性が悪くなるので、水虫のリスクに関しても注意が必要です。

リンク: ブーツの季節!足の臭いの原因と対策 [フットケア] All About

ブーツを履いた足を臭くしないための対策

溜まった角質をキレイにする、自宅でできる簡単足裏ケア

30歳以降になると、ヒールを履く機会が多いうえに代謝が落ちるので、トラブルに見舞われやすくなります。ホームケアはもちろんですが、時にはプロの手も借りて、トラブルのない美しい足を手に入れましょう!

出典: 溜まった角質をオフ!自宅で簡単フットケア [ボディケア特集] All About

臭い始める前に活用すべき消臭グッズ

足のニオイが気になる人は、靴や足の消臭スプレー又は、足裏を清潔にキープするふき取りタイプのシートやクリームもオススメです。

出典: ブーツの季節!足の臭いの原因と対策 [フットケア] All About

ブーツのサイズ選びにも注意!

サイズの合わない靴を履いているのが原因で、臭いが発生しやすくなるケースもあるので覚えておきましょう。サイズが大き過ぎたり&小さ過ぎたりして不自然な圧迫を受けると、足の裏が緊張してしまうために汗を多くかいてしまうのが理由だそうです。

出典: 2/2 ブーツの臭いの原因とデオドラント対策! [体臭・脇汗ケア] All About

1日履いたブーツは1日以上しっかり休ませましょう

ブーツは1回履いたら1日以上風通しの良い場所に日陰干しする、乾燥剤を入れておく、ドライヤーや扇風機などを利用するなど、完全に乾かすようにしましょう。 つまり、ブーツは同じものを毎日履かずに、2~3足を交互に使用するのが理想となります。

出典: ブーツの臭いの原因とデオドラント対策! [体臭・脇汗ケア] All About