愛する飼い主のもとへ 犬が何度も生まれ変わる感動作

『僕のワンダフル・ライフ』

8歳の少年イーサンが救ったゴールデン・レトリバー。イーサンはその犬にベイリーと名付けて大親友になります。やがてくる別れ、ベイリーの死。しかし、ベイリーはイーサンに会いたい!と何度も生まれ変わるのです。
奇想天外なストーリーですが、何度も生まれ変わった先での飼い主との交流、そしてイーサンへの思いに胸が熱くなります。犬目線で描かれる世界は新鮮、かつ、ユーモアと感動のさじ加減が絶妙。犬好きは号泣必至、タオル持参で鑑賞しましょう!(2017年9月29日公開)
(c) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

出典: 映画『僕のワンダフル・ライフ』公式サイト

リチャード・ギア主演!『ハチ公物語』のアメリカ版

『HACHI 約束の犬』

秋田犬を飼うことになった大学教授(リチャード・ギア)。彼はハチと名付けて可愛がり、ハチはいつも教授を駅まで迎えに来ていました。永遠に続くと思われたハチと教授の幸福な日々。でもある日その幸せが突然閉ざされてしまったのです。
有名な『ハチ公物語』のアメリカ版リメイクで、ハチ公のエピソードは国境を越えて感動を呼ぶんだなあとしみじみ。監督は『僕のワンダフル・ライフ』と同じラッセ・ハルストレム。犬を擬人化せず、人間との関わりを真摯に見つめているところが素晴らしいです。

出典: Amazon.co.jp | HACHI 約束の犬 (Blu-ray) DVD・ブルーレイ - リチャード・ギア, ジョーン・アレン, サラ・ローマー, ケイリー=ヒロユキ・タガワ, ラッセ・ハルストレム

ヤンチャだけど愛嬌たっぷりのマーリーが巻き起こす珍騒動

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』

ジャーナリストの夫婦(オーウェン・ウィルソン&ジェニファー・アニストン)が、ラブラドールを飼うことに。ところがマーリーと名付けたこの犬は、とんでもないヤンチャ犬! マーリーは二人を振り回し、常に大騒動を巻き起こしてしまうのです。
犬はとっても可愛いけれど、飼うのには覚悟も必要。可愛いだけじゃすまされない犬との日常が笑いたっぷりに描かれており、犬が家族になっていく姿に犬好きは「あるある!」とうなずくかも。実話を基にした作品です。

出典: Amazon.co.jp | マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - オーウェン・ウィルソン, ジェニファー・アニストン, エリック・デイン, アラン・アーキン, デイビッド・フランケル

捨て犬を救うために奔走する保健所スタッフを、堺雅人が熱演

『ひまわりと子犬の7日間』

シングルファーザーの神崎(堺雅人)は保健所勤務。ある日、その保健所に母犬と子犬が保護されました。でも、7日間で引き取り手が見つからないと殺処分に。神崎は必死になって飼ってくれる人を探しますが……。
母犬が子犬を守るために人間に対して攻撃的になってしまっているために、「なつかない犬」と思われ、飼い主が決まらなくてヒヤヒヤ。安易に犬を飼い、面倒がみられなくなると物のように捨てるという無責任な飼い主が多い昨今、犬猫ブームへ一石を投じつつ、人間と犬の交流には感動もある犬映画の力作です。

出典: Amazon | ひまわりと子犬の7日間 [DVD] | 映画

フィクション&ドキュメンタリーで捨て犬の実態に迫る!

『犬に名前をつける日』

愛犬を亡くして傷心のTVディレクター、かなみ(小林聡美)は、仕事の先輩から「悲しむ暇があったら犬の映画を作りなさい」と言われ、犬や猫が置かれている厳しい現状を伝えるドキュメンタリーに着手するのです。
俳優によるフィクションの物語の中で、捨て犬や捨て猫を救う人々の活動とその実態を映し出した意欲作。小林聡美が保健所や犬猫の保護団体を取材していくシーンは、ほぼドキュメンタリー。犬や猫が置かれている現実に驚くと同時に、動物を飼うことの責任について考えるきっかけをくれる作品です。

出典: Amazon | 犬に名前をつける日 | 映画