ベリー色、赤系のカラーが秋のトレンドですが、今こそ着たい色といえば「パープル」。これまでに着たことがない、という方も思わず着たくなってしまうような大人女性にぴったりのオシャレコーデを10点厳選してピックアップ。十分に華やかさがありつつ、女性らしいのに甘くない色合いは着てみるととっても映えるので、この秋ぜひ取り入れてみて下さいね。

パープルアイテムと相性のいい色・アイテムとは

目指すイメージによって違いますが、ホワイト、グレー、ベージュ、ブラウン、ネイビーなどベーシックカラーはほとんどOK。ただしブラック×パープルは、パープルの色合いやデザインによってはインパクトが強すぎる場合もあるので、割合を少なめにするのがベスト。例えば、ブラック6:パープル4以下の比率が目安になります。また、今年はグレー系や、カーキなどのグリーン系の色味と合わせるとオシャレ見えします。

逆に明るいカラーは合わないことはないですが、かなり目立つ色合わせなので、デイリーコーデに取り入れる場合は控えめな色使いでパープルを際立たせ、スッキリと着るのが今年らしいオシャレ感のコツです。

上半身にパープルを持ってきて秋らしいコーデに

もこもこファーとパープルの意外な組み合わせがオシャレ

ファーのアウターと聞くとブラウン系を思い浮かべますが、こんなパープルだったら目が釘付けになってしまいそう。他がシンプルでも十分オシャレにまとまるインパクトアイテム。人とかぶらないオシャレをしたい場合も狙い目です。

出典: N☻Rii|select MOCAのカーディガンを使ったコーディネート - WEAR

ライトグレーのたっぷりしたチュールスカートで軽やかに

鮮やかなパープルを使いつつもインしてコンパクトに仕上げているので、スカートとのバランスもちょうど良くて◎。ライトグレーはフェミニンなムードをキープしてくれる色なのでオススメです。ファーミュールで抜け感も。

出典: ishida_mei(UNRELISH 広島PARCO店)|UNRELISHのニット/セーターを使ったコーディネート - WEAR

プラムっぽいパープルで大人なきれいめコーデ

バルーン袖のニットが今年らしい一枚。変わったデザインはベーシックカラーを選ぶ方が多いですが、パープルを選ぶことで、人とかぶらないスタイルを楽しめます。他はブラックのシンプルアイテムでまとめてきれいめに仕上げて。

出典: mihiro(ZOZOTOWN)|BLISS POINTのスカートを使ったコーディネート - WEAR

もこもこニットとワイドパンツのルーズシルエットが可愛い

もこもこした質感がとってもキュートなニットは、赤味の強いパープルでシックで大人な印象に。ワイドパンツはボリュームがあるので一見重たくなりがちですが、ウエストインしたり、フェイスラインが良く見える帽子や、足の甲が見えるシューズをセレクトすることで絶妙なバランスに仕上がっています。

出典: masu*(JOURNAL STANDARD relume 本社)|JOURNAL STANDARD relumeのニット/セーターを使ったコーディネート - WEAR

パープルのボトムスはダークカラーのトップスで落ち着かせて

きれいなパープルを思い切り楽しめるワイドボトムスも狙い目

パープルが欲しいけど、ニットだと顔周りに近くて飽きそう・・という方はコーデ次第でガラッと印象を変えられるボトムスで取り入れるのがオススメ。上品なダルメシアン柄もパープルとよく馴染む同じような雰囲気で、全体的にとってもバランスが良いコーデです。

出典: ハマアイ(ZOZOTOWN)|UNITED TOKYOのシャツ/ブラウスを使ったコーディネート - WEAR

ハリのあるワイドパンツならスニーカーに合わせてガンガン履ける

スカートのようなとろみ感のあるワイドボトムスはエレガントな印象ですが、ハリのある素材ならボーイッシュな雰囲気でもどちらでも着こなせます。スニーカーを合わせてカジュアルに、ヒールを合わせてシックに、という使い分けも出来るので、厚手のコットン素材やコーデュロイなどのワイドボトムスがあったら買いです。

出典: Ushijawa|earth music&ecologyのカーディガンを使ったコーディネート - WEAR

パープル初心者さんはまずはバッグからトライ

定番シンプルコーデにグレープ色が映える

いつものベーシックなシンプルコーデこそ、差し色が一番生きるスタイル。赤なども可愛いですが、秋の今はパープルを選びたい!明るめのパープルなら十分差し色になりますし、コーデのアクセントにもなるのでオススメです。

出典: mayu|Discoat Parisienのショルダーバッグを使ったコーディネート - WEAR

マニッシュなスタイルにも映えるのは甘すぎないからこそ

パープルは華やかさ、あでやかさがありつつ甘すぎないところが魅力。可愛らしい雰囲気になりすぎないので、ジャケットなどのマニッシュなスタイルにも馴染みます。こんな高級感のあるバッグならカジュアルにもきちんとにも使えそう。一点あると便利です。

出典: Kaori Shimomura(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 立川立飛店)|BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSのノーカラージャケットを使ったコーディネート - WEAR

上級者は面積広め! パープルワンピで華やかさを手に入れて

ワンピースをラフにウエストマークは見習いたい

前を留めてそのまま着るのも可愛いワンピース。パープルの色味がキレイなワンピースはそれだけでコーデの主役になるので、他は引き算で組むのがオススメ。ウエストマーク&デニムをレイヤードするのは今年らしい着こなしです。

出典: yuki|JEANASISのワンピースを使ったコーディネート - WEAR

パープルから覗かせたグリーンの組み合わせに♡

膝丈ぐらいのニットワンピはたっぷりとしたサイズ感。ぶどうのような明るいパープルは軽やかに着こなせます。裾からグリーンのプリーツスカートを覗かせたバランスも可愛い。ファーのサンダルで重心をさらに下げたのも可愛いバランスです。

出典: スザンヌ|haco!のワンピースを使ったコーディネート - WEAR