季節の変わり目は、天気・室内外、1日の時間帯によって、気温差に悩むことも。そこで活用したいのが、コーデや重ね着しやすい薄手トップスや万能ボトムスに、「チョコレートのような深みのあるブラウン」を取り入れること。秋だけでなくオールシーズン使える、便利な季節の変わり目の「スイッチアイテム」です。

1年中使える「ブラウンT」

残暑&秋コーデにはブラウン(茶色)Tシャツがいい

半袖のカジュアルな軽快さと、落ち着いたカラーの組み合わせが絶妙で、こなれ感のあるコーデも簡単に作れます。まだまだ暑いこの時期も秋が深まっても、ボトムスに何色を持ってくるかで、どのシーズンにもフィットするよう微妙な調整が可能。コーデ実例を踏まえてお伝えします。

出典: 残暑&秋コーデにはブラウン(茶色)Tシャツがいい! [レディースファッション] All About

トレンドのチェックをブラウンで旬に味付け

グレーベースのグレンチェック柄には、ブラウンがマッチします。スニーカーやTシャツなどのカジュアルアイテムも、オフィス仕様に活用できます。

出典: Kumika☆|ユニクロのTシャツ(半袖 ・タンクトップ)を使ったコーディネート - WEAR

アクティブな日や室内で過ごす日はブラウンTをインナーに

アクティブな日や室内で過ごす日はニットなどでは汗ばんでしまいます。そこでブラウンTがあれば難無くクリア。白Tだと夏っぽくなりすぎるコーデも、トップスをブラウンにチェンジすれば秋らしさキープ!

出典: Cream|Jewel Changesのキャスケットを使ったコーディネート - WEAR

カラースカートを秋冬らしく!ピンクにも意外に合うんです

気分がアガる、長め丈のカラースカート。そのきれいな発色ゆえに、トップスは無難な白か黒に……と思いがちですが、ブラウントップスなら季節感と新鮮さを同時にゲット。一見難しそうな濃いめピンクとも見事にマッチします。

出典: まい|その他を使ったコーディネート - WEAR

プリーツやレースで軽やかに「ブラウンスカート」

プリーツスカートはブラウンで秋冬仕様へシフト

引き続き人気のプリーツスカートは、春夏らしいパステルカラーだと季節感ゼロ。ここは思い切ってブラウンにチェンジしてみると一気に秋冬らしい雰囲気に。

出典: Cream|ROPE' mademoiselleのシャツ/ブラウスを使ったコーディネート - WEAR

茶色が苦手な人は、レース素材で軽やかにキメて

茶色がどうしても苦手…そんな人にはレース素材がおすすめ。ブラウンのボーイッシュで重めな印象が一変、レディで上品なコーデへと変貌します。

出典: tsurumayu☆(Eimee Law & WASH ZOZOTOWN店)|LHELBIEのパンツを使ったコーディネート - WEAR

温度調整にも便利な「ブラウンカーデ」

いつものコーデに「羽織るだけ」なら簡単♡

デイリーなモノトーンコーデも、ブラウンの羽織を加えるだけならテク要らずで簡単!旬のロングカーデならトレンド感も言うことナシ。

出典: Cream|queiteのイヤリング(両耳用)を使ったコーディネート - WEAR

定番パンツの代わりに!「ブラウンワイドパンツ」

見慣れたワイドパンツも、チョコブラウンならなんだか新鮮

もはや普段のワードローブに欠かせないほど定着したワイドパンツも、チョコブラウンなら新鮮に映る!刺繍ブラウスのマンネリ化防止としても、持って来いのカラーです。

出典: isa(ZOZOTOWN)|natural coutureのシャツ/ブラウスを使ったコーディネート - WEAR

秋服・秋コーデはいつから?手持ち服で先取りするコツ

秋服や秋アイテムをコーデに取り入れると、季節の先取りになり、手持ちアイテムでコーデしてもグッとオシャレ見えします。とはいえ、猛暑の名残で8月後半から9月中旬はまだまだ暑い日もあるので、ブラウンのTシャツやカーキのボトムなど、誰もがトライしやすいアイテムを取り入れるのがおすすめ。今回は、簡単にできる秋の先取りコーデに関する5つのコツをお伝えします。

出典: 秋服・秋コーデはいつから?手持ち服で先取りするコツ [レディースファッション] All About