相次ぐ芸能人の不倫劇……会見から生まれる時代のキーワードも話題に

会見も世間の反応も多様になってきた

実際、連日テレビ等のメディアでは芸能界の離婚騒動も世間を騒がせ、途切れることなく報道され続けています。

例えば、最近の例でも松居一代さん船越英一郎さんの泥沼離婚記者会見は衝撃的でしたし、いしだ壱成さんのわがまま離婚、片岡鶴太郎さんのヨガ離婚、ココリコ田中さんのシングルファザー離婚、袴田吉彦さんのアパ不倫離婚、アーティストのASKAさんの熟年ブログ離婚なども話題になりました。

上記はほぼアラフォー以上の世代ですが、若い世代でも、アーティストのYUIさん、女優の尾野真千子さん、俳優の満島真之介さんも離婚しています。タレントの小倉優子さんの離婚も2017年春のことでした。

出典: 不倫されても離婚しない理由は?結婚生活のリスク対応 [久野浩司の恋愛コラム] All About

「恋愛関係」を宣言。不倫を公表した小泉今日子に女性たちは何を思う?

事務所からの独立と同時に、不倫関係を公表した小泉今日子さん。女性たちは複雑な思いで見守っているようだ。

出典: 不倫を公表した小泉今日子に女性たちは何を思う? [亀山早苗の恋愛コラム] All About

小室哲哉さんが不倫で引退会見。「介護不倫」は今後、増えていくのだろうか?

小室哲哉さんの引退会見で「介護不倫」「介護離職」があらためて話題になった。実は以前からある現象だ。その実態とは、そして人は、どういう思いで不倫への経緯をたどるのだろうか。また、奥さんであるKEIKOさんの理解がどこまで及んでいるかわからない状態で、心のよりどころを求めた小室さんが攻められるべきだったのだろうか。

出典: 「介護不倫」は今後、増えていくのだろうか [亀山早苗の恋愛コラム] All About

女優・藤吉久美子さんの不倫疑惑を夫が釈明……女たちの違和感

女優・藤吉久美子さんの不倫疑惑が報じられた。週刊誌に報じられたその日に、まず会見を開いたのは夫である太川陽介さん。そして同じ日の夜、藤吉さんは号泣会見となった。仕事のために本人より夫の会見が先だったようだが、その夫の会見にかすかな違和感を覚えた女性たちもいたようだ。

出典: 妻の不倫疑惑を夫が釈明……女たちの違和感 [亀山早苗の恋愛コラム] All About

「一線は越えていない」の「一線」の定義とは?

一線を越えるとは何か?男女で違う不倫の認識

世間から厳しい声が飛び交う、今井絵理子議員の不倫スキャンダル。当事者双方の「一線を越えていない」発言がさらに話題になっていますが、既婚男性の立場での一線を越えるという認識と女性側のギャップについて考えてみたいと思います。

出典: 一線を越えるとは何か?男女で違う不倫の認識 [久野浩司の恋愛コラム] All About

不倫・浮気の「自分の一線」と「相手の一線」は違う?

議員同士の不倫が話題になっている。ふたりとも「一線は越えていない」と言い訳したが、女性たちは何を持って「一線」としているのか。普通なら肉体関係だと察するが、人によっては違う定義をもっている人もいるようだ。自分にとっての「一線」と、パートナーに要求する「一線」が異なる人もいる。

出典: 不倫・浮気の「自分の一線」と「相手の一線」は違う? [亀山早苗の恋愛コラム] All About

体の関係がない「プラトニックな関係」は不倫になる?

「一線を越えない不倫」はセーフかアウトか!?

結婚しても、人を好きになってしまうことはあるもの。一線を越えなければ、その関係はアリなのでしょか?今回は、“プラトニック不倫”について考えていきたいと思います。

出典: 「一線を越えない不倫」はセーフかアウトか!? [ひかりの恋愛コラム] All About

既婚者が「プラトニックな関係」になると不倫か?

既婚者が他の異性とプラトニックな関係でいるのは、不倫といえるのでしょうか。それとも友達の延長線なのでしょうか。今回は、既婚者自身も感情の整理が難しい「不倫をするつもりはないが『好き』な気持ちはある」相手との曖昧な関係について、どのように向き合えばいいか、どこまで、もしくはどこから不倫になるのかも考察しました。

出典: 既婚者が「プラトニックな関係」になると不倫か? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

体の関係はないセカンド・パートナーの存在がバレて修羅場に……

最近「セカンド・パートナー」という言葉がニュースで取り上げられ、話題になっています。セカンド・パートナーとは、お互いに既婚でありながら、夫や妻以外にステディな関係の異性を持つこと。体の関係がなくても、自分とは別に親密な異性がいると知れば、「不倫関係ではない」としても離婚騒ぎになることもあるようです。

出典: 夫・妻以外にプラトニックな恋人関係を持つ!? 「セカンド・パートナー」の存在はアリか? - All About NEWS

どうしても好きになってしまったら、“プラトニック不倫”にとどめて

最近、既婚女性の不倫が話題になっています。ただし、不倫は本当にリスクが大きいもの。もしどうしても人を好きになってしまったときは、“プラトニック不倫”にしてみてはどうでしょうか?

出典: 不倫妻より“プラトニック不倫” [ひかりの恋愛コラム] All About

不倫ではなく、友情と恋愛感情の一線とは?

気になる彼との関係、友達と恋人の境界線は?

気になる彼とキスをする、セックスをする、手をつなぐ…。ところで男性が思う「友達と恋人のオンナ」の境界線はどこからでしょうか?その境界線を越えた時、女性がその恋で失敗しないために知っておきたいポイントも含めてご説明します。

出典: 気になる彼との関係、友達と恋人の境界線は? [久野浩司の恋愛コラム] All About

一線を置いた態度で接するとはどういうこと?

恋人に友達を紹介してもらう時の注意点は、恋愛感情をもたないように接すること。その友達が魅力的であればあるほど、一線をおいて接するようにしましょう。控えめな態度で接し、女友達と彼女が楽しく会話するのを見守るようにするのがポイントです。

出典: 一線をおいて控えめな態度で接すること [恋愛] All About