秋のオシャレ計画を立てている方は、GUの新作スウェットパンツをチェックしてみてはいかがですか? 実は1990円(税抜)で、驚くほどクオリティの高いスウェットパンツが手に入るんです! ただし部屋着に見せないようオシャレに着こなすにはいくつかのコツがあります。今回は大人の一押しコーデも合わせて紹介していきます!

生地はしっかり&ラインはキレイ、と大人に嬉しいスウェットパンツ

スウェット素材を使用したイージーパンツは、裾に向かって細くなるテーパードシルエットで美脚効果抜群。楽ちんな履き心地に加え、スポーツミックスや大人カジュアルなど、様々なコーデを楽しめる幅の広さも魅力的。

出典: ジーユー|スウェットイージーパンツ|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

大人がスウェットパンツを着る時には「脱ルーズ」が大事

楽チンでリラックスした履き心地のスウェットパンツは休日の定番アイテム。今季はGUで1990円とプチプラながら、クオリティの高いスウェットパンツを見つけました!ですが大人の女性が「外」に着て行くには抑えるべきコツがあります。その「オシャレに見せるポイント」について実例を踏まえてご紹介します。

出典: 1990円のGUスウェットパンツで大人のオシャレコーデ [レディースファッション] All About

スウェットパンツの定番「グレー」なら今年はこう着る!

カジュアルをランクアップするオシャレ小物を投入

スウェットパンツやスニーカー、ボーダー等は明らかにカジュアルアイテムですが、そこにファーバッグをプラスすることでコーデが引き締まります。ついて回るパジャマ感を払拭するにはあえて反対のテイストを足すとうまくまとまります。

出典: みー|UNIQLOのシャツ・ブラウスを使ったコーディネート - WEAR

ベージュ&グレーの「グレージュ感」が垢抜けてオシャレ

秋が深まってきたらレイヤードも楽しめる季節に。グレーのスウェットパンツを基調にオフホワイトやベージュなどの優しい色で全体をまとめると、大人っぽい品の良さを感じさせるカジュアルコーデに仕上がります。ハットやシューズなど小物選びもカギ。

出典: miki|KORMARCHのクラッチバッグを使ったコーディネート - WEAR

脱パジャマには無地Tシャツ<プリントTシャツ

無地のトップスに無地のスウェットだとどうしてもリラックス感が出てしまい、オシャレした感じがしないので、そんな時は手っ取り早くトップスをチェンジ。プリントTならスポーツ×カジュアルのミックスコーデに仕上がります。ただしプリントでもボーダーは気を付けて。ルームウェアによくある組み合わせです。

出典: みー|UngridのTシャツ/カットソーを使ったコーディネート - WEAR

着るだけでサマになるトレンチコートはここでも万能

かっちりしたトップスやアウターを合わせるのは大人のスウェットパンツコーデにオススメの着こなし。シンプルでこなれた雰囲気にまとまります。キャップやスニーカーなどであえてスポーツコーデに仕上げた感じのするところに意思が感じられて素敵です。

出典: ♥︎LOVE♥︎|CIAOPANIC TYPYのトレンチコートを使ったコーディネート - WEAR

パッと見スウェットパンツに見えないダークカラーはモノトーン系でまとめると◎

レギンス寄りなシルエットがきれいなものをセレクトして

あまりルーズなスウェットパンツはそれだけでだらしなく見えてしまうので、できれば脚がきれいに見えるデザインを選ぶのも重要なポイント。またシューズを含め全体的に辛口でまとめて、シャープな印象に仕上げるのも大事です。

出典: Sato*|mysty womanのデニムジャケットを使ったコーディネート - WEAR

モノトーンに赤の差し色が「脱パジャマ」ポイント

トップスのコンパクトさや、足元の華奢でレディな印象のサンダルなど、バランスが素敵なスウェットパンツコーデ。ブラックならモノトーン感覚で使えるので、リラックスしつつオシャレしたい休日コーデに是非取りいれて。

出典: miki|menueのサンダルを使ったコーディネート - WEAR

さらっと合わせたスポーツコーデにかっちりバッグでニューヨーカー風

アスレジャースタイルが日本より浸透しているニューヨークではマンハッタンなどで普通にスウェットパンツコーデの女性を見かける可能性も高いのだとか。こんな風にかっちりしたバッグを合わせたりすると、ニューヨーカーのように潔くオシャレなテイストにまとまります。

出典: TOMOKA |CAPRICIEUX LE'MAGEのトートバッグを使ったコーディネート - WEAR

Tシャツ&スニーカーを合わせるならオールブラックで辛口に

スニーカーとスウェットパンツを合わせるのは確かに難しいポイント。でもカジュアルを大人っぽく見せるにはやっぱりダークカラーの上手な使い方がコツ。こんな風にオールブラックでまとめつつ、足首の抜け感を大事にするなど、上手く着崩すことを取り入れるとまとまりも良くなります。

出典: maricoco|ZARAのその他ヘアアクセサリーを使ったコーディネート - WEAR