肌老化を加速させないために、夏枯れ肌は「気付いたらできるだけ早めに対策」が鉄則です。

そのお肌の不調、放っておかないで!

この時期のケアが肌老化を左右します

「夏枯れ肌」のサインは

・朝なのに顔が疲れて見える
・肌がゴワゴワして固い
・化粧ノリが悪い
・スキンケアの手ごたえを感じにくい
・毛穴がいつもより気になる         など

これらの症状が見られたらあなたの肌は危険かもしれません。
このまま放っておくと、くすみ・たるみ・かさかさ肌などの症状が出てきてしまいます。 要するに、この時期にしっかりケアするかどうかで、肌年齢も変わってくるという勝負どころなので注意しましょう。

出典: 夏枯れ肌をリセットする4つのポイントとは? [スキンケア] All About

あなたの「夏枯れ肌タイプ」診断チェック

夏の間に蓄積したダメージをそのまま放っておくとシミやシワ、くすみ、たるみといった深刻な肌老化へとつながってしまいます。まずは今年の夏を振り返り、あなたの今の肌状態と必要なケアを探ってみましょう。

出典: 簡単チェックで夏老けを防止!運命を分ける秋の肌ケア [スキンケア] All About

夏枯れ肌をリセットするための4つの基本

1、体の中にも水分補給
2、秋もUV対策は怠らない
3、クレンジング前にひと手間プラス
4、「熱めのお風呂」で若返りを図る
この4つをベースに、スキンケアで肌の状態を整えていきましょう。

出典: 夏枯れ肌をリセットする4つのポイントとは? [スキンケア] All About

今夜から始めよう!夏枯れ肌を救うスキンケアテクニック

まずは徹底的に保湿を!

夏の肌は皮脂や汗によって肌表面がしっとりしているように感じるため、どうしても紫外線対策や美白に気をとられて保湿ケアが手抜きになりがち。まずはしっかりとした保湿が必要です。

出典: 夏のスキンケアこそ徹底保湿がカギ! [ビューティティップス] All About

ごわつきを感じるなら、乳液を取り入れてみる

基本的に乳液は、水と油(7:3)でできているのですが、そのバランスがなんとも絶妙。クリームには出せないミルキーなテクスチャーもさることながら、肌に潤いを与え、軟らく、なめらかにしてくれるのは乳液のなせる業なのです。

出典: ごわつく肌のお手入れは乳液におまかせ!! [スキンケア] All About

「癒し系コスメ」でお肌に休息を与える

夏が終わると肌が年を取ると言われているほど、紫外線や気温差は肌にダメージを与えます。でも、元気がないからと言ってマスクに美容液、クリームなどあれこれつけると、かえって逆効果をもたらすこともあるので要注意なんです。

出典: 夏枯れ肌を元気にするなら「癒し系コスメ」でしょ! [スキンケア] All About

肌に疲れを感じたら、お肌を沈静する「美容オイルパック」

おすすめは肌を修復してくれる植物オイルたち。オイルはスカスカになった肌の角質層の上にヴェールを作り、一時的に肌を保護してくれる上、オイルに含まれる栄養素が傷んだ肌細胞を助けてくれます。

出典: 疲れ気味の夏肌には、敏感肌にも使えるオイルケア [ビューティティップス] All About

美容医療で、一気に元気をチャージするのもアリ!

ピーリング+レーザーのコンビネーションでメラニンくすみとごわつき肌をレスキューする方法、人気の水光プラスでしぼんだお肌に栄養とヒアルロン酸をチャージする方法、内側から美肌成分・栄養をチャージする方法など、即効性のある方法をご紹介します。

出典: 美容医療で夏枯れ肌に元気をチャージ! [美容医療] All About

根底から効かせる!体の内側からスキンケア!

積極的に夏野菜を食べる

紫外線で傷ついた細胞を修復するためには抗酸化成分が必要です。抗酸化成分とはトマトに入っているリコピンや、茄子の紫色の皮に含まれるアントシアニンなど、色の濃い野菜や果物に多く入っています。

出典: 知らない間に進行している夏疲れ肌をリセット! [ビューティティップス] All About

夜食として甘酒を飲む

甘酒には興奮を鎮めてリラックス状態へと導く作用があります。夕食後、ちょっと小腹がすいた時に甘酒を飲めば、副交感神経が優位になりリラックスすることでストレスも軽減。質の高い睡眠に繋がるため、アンチエイジングにも役立ちます。

出典: 甘酒ブームの理由!ダイエットや美容健康効果は?飲むタイミングは? - All About NEWS