日焼けは予防がなにより大事。けれど、うっかり日焼けしてしまうことは誰にだってあります。そんなときの対策を知っておきましょう。

日焼けによって肌が受けたダメージは、どうやって解消する?

3ステップで完璧!日焼けボディの緊急ケア方法

1. 全身に日焼けをした場合は冷たいシャワーを、局部の場合は冷水や氷を使ってクールダウンを早めに行う。冷やすことで日焼けのダメージを最小限に抑え、痛みも和らげることが可能です。

2. クールダウンをした後は、刺激の少ない化粧水でたっぷり水分補給を。水分補給をした後は、ジェルやクリームなどで水分が蒸発しないように保湿ケアを行いましょう。

3.朝と夜のお手入れには、美白効果のある化粧品を活用。紫外線が当たった皮膚にはメラニンが必要以上につくられているので、美白成分はそのメラニンの生成を妨げ、増加を抑えてくれます。

出典: 2/2 美白ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About

うっかり日焼けを賢くリカバリーする方法

「レスキュー美白サプリ」を活用する

紫外線ケアサプリを毎日飲み続けることで、紫外線のダメージを受けにくい体質、もしくはダメージを回復できる修復力が身に付いてきます。

出典: うっかり日焼けも問題なし。レスキュー美白サプリ [美容サプリメント] All About

フルーツ・生野菜・良質な睡眠をしっかりとる

日焼けしたと感じた日に試してほしいのは、「生のフルーツを食べること」「生野菜をしっかりとること」「意図的に睡眠をとること」です。その理由について詳しくお話します。

出典: 日焼け後の肌を老化させない7つのポイント [アンチエイジング] All About

白肌の神食材「ナス」を積極的に食べる

なんだかあんまり栄養がなさそうなイメージのナスですが、とんでもない! 美容に大きく貢献してくれるうれしい野菜! とくに夏の美肌対策におすすめですよ!

出典: 白肌の神食材・ナスで夏の「完全美白」! [美容食・インナービューティー] All About

手作りアロマコスメで、お肌の状態をリカバリー

オススメは、
■クレイパックでお肌のべたつきを押さえる
■ローションパックで水分補給
というふたつ。手作りすれば、体全体に惜しみなく使えますよね。

出典: 手作りアロマコスメで日焼け後のスキンケア対策 [アロマテラピー] All About

「肌を乾燥させないお風呂の入り方」を実践する

あなたが無意識に続けているお風呂の習慣は、もしかすると肌を乾燥させるものかもしれません。紫外線でダメージを受けた肌に乾燥は厳禁!しっとり肌になるためのお風呂の活用方法をご紹介します。

出典: 乾燥を招くNGボディケア習慣 [ボディケア] All About

シミが残ってしまったら、光治療やレーザーでケア

一般的に「光治療」は顔全体のシミに照射できるが、マイルドなため複数回の照射が必要、一方「レーザー」は気になるシミだけを取ることができるが照射後しばらくは絆創膏などで保護する必要があります。ドクターに相談するのが得策です。

出典: 3/3 「まさか!?」の日焼けトラブル解消法 [美容医療] All About