「家族」にストレスを感じるようになったら、まずは自分自身を客観的に見ることから始めましょう。

家族にストレスを感じたときに考えるべき7つのこと

1)家族の雰囲気の悪さを「誰か」のせいにしていないか

口喧嘩が絶えない夫婦、口を聞かない親子――こうした家庭の雰囲気の悪さを、「夫(妻)が○○だから」「子ども(親)が○○だから」などと、家族の“誰か”のせいにしていませんか? 家族関係の問題の「犯人探し」をしても、意味はありません。

出典: 家族が嫌い…雰囲気の悪い家庭を変える行動のポイント [ストレス] All About

2)家族の会話を奪う「4つの口ぐせ」 が癖になっていないか

1. 否定ぐせ
2. 決めつけぐせ
3. 中断ぐせ
4. 要求ぐせ
この4つの口ぐせは、家族にマイナス影響を与えます。
あなたは無意識のうちに口にしてしまっていないでしょうか。

出典: 修復可能? 家族の会話を奪う「4つの口ぐせ」 [ストレス] All About

3)「否定せず聞き」「忌憚なく話し合う」ができているか

「家族」というシステムに問題がある場合、症状の表れた人だけを治そうしても、まず上手くいきません。原因は、家族同士の関わり方にあることが多いからです。家族に恒常的な問題が起きないよう、こまめに修正して予防することが大切です。

出典: 家族・家庭・ファミリーのストレス [ストレス] All About

4)夫婦・親子・嫁姑…「境界線のある関係」を肯定できているか

境界線は世代間、そして、家族それぞれにあります。自他の境界線を大切にするからこそ、一緒に暮らしていても息苦しくならず、居心地のよい関係を保つことができるのです。長く円満な家庭を続けるためにも、ぜひお互いの境界線を尊重していきましょう。

出典: 夫婦・親子・嫁姑…家庭円満の秘訣は境界線のある関係 [ストレス] All About

5)心の中に「自分でつくりだした親の目」を持っていないか

あなたは、子どものままの姿勢で生きていませんか? 自分を縛り続ける心の中の「親」に気づき、そこから離れて、「自分らしく生きてもいい」と決断することはとても大切なことなのです。

出典: いい子を演じる?機能不全家族とアダルトチルドレン [ストレス] All About

6)「いい妻、いい母」を目指しすぎていないか

自分を犠牲にして他者のために生きるのは、一見美しい生き方のように見えます。しかし、裏を返せば、「自分の人生を生きていない」ことにもつながります。

出典: 「いい妻、いい母」が家族の笑顔を奪うわけ [ストレス] All About

7)「見守る技術」は身についているか

「見守る」とは相手の無事を祈りながら、しばらくなりゆきを見ること。そして、「危ない!」と思ったときには、すぐに相手を守ること。家族の場合、普段はお互いを束縛しすぎずに楽しく過ごし、危険を察知したときにはいちばんに守り合うことです。

出典: 家族のうつを防ぐ「見守る技術」とは? [ストレス] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項