子供に湿疹がでたとき、考えられる原因は?

突発性発疹

乳児は生後6カ月頃に急に発熱することがあります。発熱以外の症状があまりない場合、それは多くの子どもが2歳までにかかる突発性発疹かもしれません。解熱後に発疹が出るのが特徴。

出典: 突発性発疹の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

手足口病

名前の通り、手のひらと足の裏、口の中に水疱を持った湿疹が出る病気。主に「コクサッキーウイルス」が感染することで発症し、大人にもうつることはごく稀です。手足口病の症状、感染、潜伏期間について解説します。

出典: 手足口病の症状・感染・潜伏期間 [子供の病気] All About

飛び火(伝染性膿痂疹)

皮膚に赤い発疹があり、掻くとつぶれて広がってくる場合、「飛び火(伝染性膿痂疹)」の可能性があります。飛び火の原因・症状・治療法について、わかりやすく解説します。

出典: 飛び火(伝染性膿痂疹)の原因・症状・治療 [子供の病気] All About

水いぼ(伝染性軟属腫)

水いぼとは、ウイルス感染が原因で起こる子どもに多い病気で、正式名は湿疹伝染性軟属腫。プックリとしたいぼができ、顔や体、手足に広がっていきます。水いぼの原因・症状・治療法について解説します。

出典: 【医師が解説】水いぼの原因・症状・治療法 [子供の病気] All About

水疱瘡(みずぼうそう)

最初は1~2個程度の虫刺されのような湿疹。それらの湿疹の中に数時間で水を含んだ水泡が現れ、1日かけてじわじわと全身に拡がってきたら「水疱瘡」です。感染力や、症状・経過・診断法について解説します。

出典: 水疱瘡(みずぼうそう)の原因・症状・検査診断 [子供の病気] All About

脂漏性皮膚炎

名前の通り、皮膚の脂が炎症を起こし、湿疹が引かない・皮膚がむけるなどの症状がある病気です。アトピーと似た湿疹を起こし、特に皮膚が赤くなったり、痒みがあります。原因や治療方法について、写真つきで解説します。

出典: かゆさで皮膚がむける!脂漏性皮膚炎 [子供の病気] All About

汗疹(あせも)

夏場に多く、特に子供に多い湿疹である「あせも」。あせもは正式には「汗疹(かんしん)」と言い、名前の通り汗で悪化します。アトピー性皮膚炎との見分け方も含め、詳しくご紹介します。

出典: 汗疹(あせも)の症状・原因・治療 [皮膚・爪・髪の病気] All About

おむつかぶれ・おむつ皮膚炎

おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)は乳幼児によく見られる湿疹。最近は、吸水性のいいおむつが出ていますので、頻度は減りましたが、どうしても便や尿の回数が多いと、皮膚炎が起こってしまいます。

出典: おむつかぶれ・おむつ皮膚炎の原因・治療法 [子供の病気] All About

もしかしてアトピーかも?と疑ったら…

アトピーの湿疹は痒い

アトピーの湿疹は赤みがあって、乾燥していますので、皮膚の神経を刺激して、痒くなり、掻くことでいっそう悪化してしまいます。痒みを和らげる方法と、掻いても傷にならないようにする方法をご紹介しましょう。

出典: 痒みを和らげる方法・掻いて傷つけない方法 [アトピー性皮膚炎] All About

子供特有のアトピーとは

子供の場合、食物が原因になることが多く、食物アレルギーとアトピーとの区別がつかないこともあります。子供のアトピーの多くは治りますが、大人のアトピーはなかなか治りにくいと言われています。この違いは何なのでしょうか? 今回は大人と子供のアトピーの違いをご説明しましょう。

出典: どう違う?大人のアトピー・子供のアトピー [アトピー性皮膚炎] All About

原因を突きとめるためには、病院で診察と検査を

「どんなときにかゆいか?」「何を食べるとかゆいか?」「どの時期にかゆいか?」などの問診、アトピーの湿疹の範囲、程度などを見て、アトピーの重症度や原因と治療方法を判断します。

出典: アトピー性皮膚炎の検査法 [アトピー性皮膚炎] All About

皮膚科、小児科?受診の目安は?

赤ちゃん、子どもの皮膚トラブルは小児科?皮膚科?

湿疹、とびひなど皮膚トラブルが多い乳幼児。小児科と皮膚科のどちらを受診すべきか迷うお母さんも多いようです。皮膚トラブルでも小児科受診でよいケース、皮膚科受診が望ましいケース、どのようなときに皮膚科の専門医を受診すればいいのでしょうか?

出典: 赤ちゃん、子どもの皮膚トラブルは小児科?皮膚科? [皮膚・爪・髪の病気] All About