何歳から高齢出産?

厳密な定義はないが「35歳以上の出産」を意味することが多い

高齢出産に関しては厳密な定義はないのですが、だいたい35歳以上と考えられています。また、日本産婦人科学会は、高齢初産は「35歳以上の初産婦」と定義しています。

出典: 高齢出産は何歳から?35歳以上初産のリスク・合併症 [女性の健康] All About

なぜ、35歳がボーダーラインになるのか?

妊娠率の低下や、染色体リスクの増加による

妊娠可能年齢には明確な「タイムリミット」があります。一般的に35歳を境に妊娠率の下降スピードが速くなるため、35歳を一区切りにしています。妊娠率が下がるだけでなく、胎児の染色体異常のリスク、流産リスクも高くなっていきます。

出典: 医師が解説!高齢出産のリミット、何歳まで産めるか? [ボディケア] All About

高齢出産のリスクとは?

年齢とともにゆるやかにリスクが上がっていくのは事実だが、誇張されたデータも多い

年齢別の妊娠率、早産率、周産期死亡のグラフには、35歳以降の上昇が急激にアップしているように見えるものが多いのですが、目盛りの作り方で誇張して見えるものも含まれています。具体的な数値を知ることが、恐怖を取り除く第1歩ともなります。

出典: 産婦人科医が解説!高齢出産で気を付けるべき事とは? [妊娠の基礎知識] All About

高齢出産の割合は?

厚生労働省のデータによれば、出産した女性の26%が高齢出産

2014年の厚生労働省「平成26年(2014年)人口動態統計」によると、日本で出産した女性の26%が高齢出産だといいます。

出典: 3人に1人は高齢出産なんですよ! [妊娠の基礎知識] All About

ズバリ、高齢での出産って大変?

年齢に関わらず、妊娠・出産は簡単なものではない

どの年代であっても、出産のリスクを抱え、大変な思いをして子どもをお腹の中で育てていくことに変わりはありません。ひとたび安定期まで入った妊娠なら、現代の高齢出産はかなり安全性の高いものになっています。

出典: 3/3 本当のところ何歳まで産めるの? [妊娠の基礎知識] All About

何歳まで妊娠できるの?

43歳以上の妊娠・出産、可能性はあるけれどスペシャルでもある

体外受精は、42歳くらいまでトライする人が多いでしょう。成功率は若い人よりかなり低くて数%になりますが、それでもパッと妊娠してしまう人もいます。これが43歳、44歳となると、たとえ希望は捨てないとしても、夫婦だけで生きていく人生について考えていきたい時期です。

出典: 40代で産んだらどうなるの? [妊娠の基礎知識] All About

40代だと普通分娩は難しい?

病院の方針にもよるが、半数近くが自然出産というデータも

出産ジャーナリストの河合蘭さんが1988年から2006年までに、湘南鎌倉総合病院で妊娠35週以降に出産した40代の230名を調査すると、全体で45%の人が自然出産でした。初産婦さんでも50%が自然出産だったといいます。

出典: 40代でも自然に産めるの? [妊娠の基礎知識] All About

男性の出産リミットはないの?

女性よりゆるやかではあるものの、男性の生殖機能も老化していく

精子の老化は女性に較べてとてもゆるやかなのですが、30代後半の女性の男性パートナーが40歳以上の場合、妊娠率が3分の2程度になるという研究報告もあります。また、もともと精子を作る機能が弱い男性もいます。

出典: 「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About