熱中症の種類と重症度のキホン

下のI度からIII度までのような症状が、暑い環境で起これば、「熱中症」が疑われます。

■I度(熱失神、熱痙攣)……現場での応急処置で回復できる軽症
めまい、失神、筋肉の硬直、大量の汗

■II度(熱疲労)……医療機関への搬送や受診を必要とする中等症
頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

■III度(熱射病)……入院して集中治療の必要性がある重症
意識障害、痙攣、手足の運動障害、高体温

リンク: 熱中症の重症度とその対処方法 [医療情報・ニュース] All About

熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病 それぞれの詳しい症状を知って、重症度を見極めたい

ひとことで熱中症と言っても、熱失神・熱痙攣・熱疲労・熱射病など、その症状と重症度はさまざまです。それぞれの症状の特徴をしっかりと知っておきたいものです。

出典: 熱中症の症状・治療・応急処置 [子供の病気] All About

熱中症を疑ったときの応急処置方法は?

重度の場合は一刻もはやく医療機関の受診が必要ですが、軽度の場合はその場での応急処置が大切になります。熱中症とみられる症状が現れたときの対処法とは?

熱中症を疑う上記の症状があれば、まずは、意識の状態を見ましょう。意識が無い場合は救急隊に連絡した方がいいでしょう。意識がある場合は、まずは、涼しい所に移動させましょう。

次に、できれば衣服を脱がせて、熱を逃がします。皮膚に水をかけたり、団扇や扇子であおいだり、氷で冷やしたり、とにかく、体温を下げましょう。水分補給が可能なら、水分と高血圧でなければ、塩分を含む水分を十分に取るようにします。

リンク: 熱中症の重症度とその対処方法 [医療情報・ニュース] All About

覚えておきたい症状の特徴と応急処置

ひとことで熱中症と言っても、その症状と重症度はさまざまです。それぞれの症状の特徴と、応急処置をご紹介します。

出典: 熱中症の症状・治療・応急処置 [子供の病気] All About

熱中症予防のキホン

熱中症になりやすい条件と4つの熱中症対策方法

温度・湿度・日差しなど、熱中症になりやすい条件と、エアコンに頼りすぎずにできる4つの熱中症対策の方法をご紹介します。

出典: 真夏の電力制限……医師として薦めたい熱中症対策 [子供の病気] All About

子供の熱中症予防のポイント

温度の把握・休憩時間・休憩場所の管理、帽子・服の工夫など、子どもならではの注意や工夫が必要です。

出典: 熱中症の予防・対策 [子供の病気] All About

備えておきたい!冷蔵庫にあるもので作れる経口補水液

熱中症は熱が体に溜まった状態で循環血液量が減った脱水症。熱中症の予防に脱水症の予防が重要です。大量に発汗する時の脱水症予防には塩分を速く吸収する経口補水液が有効です。家庭できる経口補水液を紹介します。

出典: 2/2 熱中症・脱水症を防ぐ医学的な梅干の効用 [子供の病気] All About

熱中症予防には除湿が大切! エアコンも上手に使って

適度に除湿した上で温度を下げると発汗による自然の体温調節も維持されるので、室温を下げすぎることなく快適な体温が保て、冷房病も避けることができます。

出典: 熱中症予防には除湿が大切! 健康的なエアコン活用術 [子供の病気] All About