仕事や家事でネイルアートができない人にとって、ネイルチップは強い味方……のはずなのに、使ってみても「なんだかしっくりこない」「うまく使いこなせない」と感じていませんか?

ネイルチップを正しく使えていますか?

ネイルチップには、2通りのつけ方があります

1.両面テープによる装着
2.ネイルグルー(接着剤)による装着

それぞれのメリット・デメリットは…

●両面テープによる装着
<メリット>何度も付けはずしができる・グルーよりは爪に優しい
<デメリット>グルーに比べると衝撃ではずれやすい

●ネイルグルー(接着剤)による装着
<メリット>衝撃に強くはずれにくい
<デメリット>はずす時に時間がかかる・何度も使うことはできない

出典: ネイルチップ(付け爪)の正しいつけ方・はずし方 [ネイルアート] All About

プロからの意見としては、ネイルチップをグルーで貼ってしまうことはオススメしません。グルーで貼った場合、伸びきる前に浮きが見られるなどの理由で、グリーンネイルを引き起こしたり、無理矢理はがすことによって地爪の表面をはがし傷めてしまうからです。私のサロンでは、ネイルチップ用の強力な両面テープで装着していただくことを推奨しています。

リンク: 9/11 簡単!ネイルアート上達テクニック10 [ネイル特集] All About

ネイルチップの正しいつけ方&楽しみ方

両面テープでキレイにネイルチップをつける方法

用意するものは「ネイルチップ」「両面テープ」「ファイル(爪用のやすり)」の3つ。両面テープはネイルチップに付属されている場合もありますが、もしなければ文房具屋さんで売られているような両面テープでも大丈夫です。

出典: 2/2 ネイルチップ(付け爪)の正しいつけ方・はずし方 [ネイルアート] All About

ネイルチップをつけているときは「水」に注意!

両面テープで装着すると、どうしても水に弱い&手先の動作に気をつけないと取れやすくなります。チップをつけているときは濡れタオルやウェットティッシュなどを使い、水の使用を避けるようにしましょう。

出典: 9/11 簡単!ネイルアート上達テクニック10 [ネイル特集] All About

ネイルチップを自分で簡単に作る方法

実は自爪にセルフネイルするよりも簡単。利き手じゃないほうの手を使ってネイルアートをするのは難しいという方でも、ネイルチップなら10本の指に均等なネイルデザインが描けます。いつもより凝ったデザインにトライできるのも魅力です!

出典: 簡単!ネイルチップ・つけ爪の作り方&デザイン [ネイルアート] All About

ネイルチップなら、初心者でも簡単にネイルアートできます

「利き手側」のネイルアートを納得のいく仕上がりにするにはテクニックが必要ですが、ネイルチップを使えば思い通りのネイルアートが描けますよ。

定番フレンチネイル

「フレンチネイル」とは、爪先に白をのせたネイルデザインのこと。まずは、この基本の白フレンチから挑戦しましょう。「どうしても利き手側がきれいにできない」という悩みもネイルチップを使えば即解決です!

出典: 簡単!フレンチネイルのやり方・塗り方・デザイン [ネイルアート] All About

実は簡単!マーブルネイル

1番のコツは、とにかくスピーディに作業すること! ベースのネイルが完全に乾く前に、他の2色をのせて混ぜなくてはいけません。ベースのネイルカラーはパールやラメが入っているタイプをチョイスすると、ムラが目立たず◎

出典: 初心者でも簡単!マーブルネイルのやり方・作り方 [ネイルアート] All About

ネイル上級者に見えるタイダイネイル

タイダイというとエスニックや原色のイメージが強いかもしれませんが、オレンジやピンクなどで作るとキュートに仕上がります。スポンジでトントンと順番に好みのカラーを重ねるだけなので、初心者さんも安心です。

出典: スポンジで簡単!タイダイネイルのやり方&デザイン [ネイルアート] All About

可愛さ◎のチェックネイル

大人カジュアルな雰囲気が楽しめるチェック柄は、カラーリング次第で季節を問わず人気のデザイン。ポリッシュではなくアクリルの絵の具を使えば、初心者さんでも気軽にトライできます。

出典: 絵の具で簡単!チェックネイルのやり方&塗り方 [ネイルアート] All About