誰にとっても他人事ではない「自律神経失調症」。この病気と正しく付き合う方法についてご紹介します。

最近よく耳にする「自律神経失調症」とは?

自律神経失調症の症状

自律神経失調症になると、疲労感やだるさ、頭痛、耳鳴り、めまい、便秘や下痢のほか、不眠や手足のしびれが現れたりします。また体調の不良だけではなく、イライラしたり、憂鬱になったり、理由の分からない不安感に襲われたりなど情緒不安定な状態になることも多く、仕事や勉強に対するやる気も起きません。

自律神経のバランスが崩れる原因には、感染症や内分泌疾患などの病気もありますが、多くはストレスや疲労、不規則な生活による睡眠不足などです。また生まれつき自律神経が過敏な人や、ストレスに弱い性格の人もいます。女性の場合は、更年期障害によるホルモンバランスの崩れが自律神経失調症のきっかけになるともいわれています。

出典: 原因不明の不調が続くのは「自律神経失調症」? [脳・神経の病気] All About

自律神経失調症は、原因の特定が難しい

風邪でもないのに微熱があったり、朝から疲れを感じたり、動悸が激しくなったり……。そんな症状が続いて病院で検査を受けても、これといった原因が見つからない場合、「自律神経失調症」と診断されることがあります。

出典: 原因不明の不調が続くのは「自律神経失調症」? [脳・神経の病気] All About

そもそも「自律神経」とは?

自律神経は、睡眠、食べ物の消化、血圧のコントロールなど、生理機能を調整する重要な働きを担っている部分です。自律神経の働きに問題が生じると、心身に多彩な症状が生じてきます。

出典: よく聞く「自律神経失調症」って何? [自律神経失調症] All About

自律神経失調症の予防法・対処法

まずは自分を知ろう! 自律神経失調症のセルフチェックシート

□ 肩こり、頭痛、めまい、腰痛、関節が不安定な感じがする。
□ 倦怠感がある。身体に力が入らないように感じることもある。
□ まぶたが重く感じ、目が開けにくい。目の疲労が強い。
etc.
14項目をチェックしてみましょう。

出典: 自律神経失調症の症状は?チェックシートと対処法 [自律神経失調症] All About

不快症状ばかりに目を向けなことが大切

他の検査で異常がないことが確認された上で「自律神経失調症」と診断されたなら、現時点で命にかかわるような病気ではないと診断されたのと同じです。少なくとも重大な病気ではなかったことを念頭に、あまりくよくよ悩まないことも大切ですよ。

出典: 自律神経失調症の予防・治療法 [自律神経失調症] All About

食事を変えて自律神経を整える方法

大切なのは「いかに腸を整え、自律神経のバランスを整える食事法を意識するか?」ということです。寝起きの一杯の水で血流改善を促したり、腸に刺激を与えるため、1日3回の食事を摂るだけでも変化を感じるはず。

出典: 自律神経バランスを整える食事方法 [メンタルヘルス] All About

呼吸を変えて自律神経を整える方法

オススメ「吐く」を意識した「ワンツー呼吸法」という深い呼吸です。その名の通り、息を吸ったときの倍の時間をかけて息を吐く呼吸法で、深い呼吸をすることで、副交感神経が刺激されるので、心身ともにいい状態にリセットされるはずです。

出典: 呼吸を変えて自律神経の乱れを整える [メンタルヘルス] All About

お風呂の入り方を変えて自律神経を整える方法

心と体を究極にリカバー、デトックスしてくれる入浴法は、お湯の温度は39~40℃。入浴時間は15分。最初の5分は首まで浸かり、残り10分はみぞおちぐらいまでの半身浴。これがおすすめです。

出典: 自律神経バランスを整える入浴方法 [メンタルヘルス] All About