体が柔らかいと、どんなメリットがあるの?

ケガ予防、基礎代謝アップなど多くの効果が期待できる

柔軟性を高めることで、疲労が蓄積しにくくなったり、ケガをある程度予防できたりといったメリットが期待できます。また、基礎代謝があがり、ダイエット効果も得やすくなります。

出典: 身体が柔らかいメリットは? 柔軟チェックと柔軟体操 [運動と健康] All About

いきなり「ベターと開脚」は危険すぎる!急がば回れが大事な理由

ストレッチがケガを引き起こすことも…。最初は「気持ちよさ優先」で十分!

最近流行している「開脚」ですが、無理に関節を動かそうとすると、クッションの役割を果たしている軟骨や、靭帯を傷つけてしまいます。最近では開脚を練習し過ぎて、筋を痛めた、腰を痛めた、股関節をねんざ(外部の圧力により可動域を超え関節が動き靭帯を損傷すること)した…という人もいるようです。

出典: 私って硬いの?自分に合ったストレッチのやり方と効果 [ストレッチ] All About

今より体を柔らかくするための7つの近道

横たわり、壁に脚をつけてゆっくりと開脚

ムリに開脚を行うと、腰痛や股関節を痛める原因にもなります。.壁にお尻、脚をつけ床に寝ころんで行う開脚「スプタ・パダングシュターサナ」で、気持ちの良い感覚を体験してみて下さい。

出典: ベターッと開脚前屈を無理なく極める!完全ガイド [ヨガ] All About

体のコりを少しほぐしてからストレッチすると効果が出やすい

肩関節・股関節周りそれぞれが硬い場合に多いのが、姿勢を支える前後の筋肉に過緊張がみられるケース。これを少しずつほぐしてからストレッチを行うと、ストレッチの効果が出やすいかもしれません。

出典: 体が硬い人はお試しを!前屈の裏技&簡単ストレッチ [腰痛] All About

「呼吸をしながら」勢いをつけずにじっくりと動作

息を吸いながら、背筋を伸ばし、息を吐きながら、ゆっくりと体を右側に倒すというシンプルな動き。じっくりと、呼吸をしながらというポイントを忘れずに。

出典: 2/3 寝ている間も痩せる!ダイエットストレッチ [ストレッチ] All About

ゴロゴロしながらでOK!寝る前に股関節ほぐしを

股関節周辺の柔軟度を高めるため、寝た状態で膝を大きく回すストレッチを。ゆっくりほぐして、血行をよくし、冷たいお尻や下半身を温めましょう。

出典: 面白いほど女っぷりが上がる!ゴロゴロ簡単ストレッチ [ストレッチ] All About

マラソン選手が伝授!「意識して丁寧に」筋肉を伸ばす

マラソン選手は、故障防止や、可動域を広げるためにランニング前後に入念なストレッチをしています。伸ばす筋肉を意識して実践しましょう。

出典: 元実業団選手から学ぶストレッチ・ウォーク (全文) [ジョギング・マラソン] All About

効果を感じやすい時間帯を活用!お風呂上りなどがオススメ

お風呂に入って温まった後は筋肉が伸びやすく、目覚めた時に普段よりも体が伸びにくいと感じやすい人が多いと思います。その理由は筋温の違い。 1日のサイクルを意識しながら、効果を感じやすい時間帯に実践した方が長続きするでしょう。

出典: ストレッチをより効果的に行うためのポイント [ストレッチ] All About

少し慣れてきたらジムの開脚マシンで力だめし

ある程度ストレッチの要領がつかめてきたら、自宅を飛び出してジムのマシンにトライしてみると飽き防止になるかもしれません。「インナー・サイ」というマシンは開脚に必要な筋肉をほぐすために作られたそう。最初はトレーナーの指導のもとで実践を。

出典: 3/3 通勤途中もOK!筋肉ほぐしの穴場スペース [エクササイズ] All About