ゲームをめぐる専門家の様々な見解

「ゲームは有害」と主張する説もあれば、「ゲームは学力と関係がない」という説もあります。ゲームソフトは誕生から40年程度の新しい媒体。1つの説にのめり込む前に、家庭にとっての「ベターな方法」を探してみては?

ゲームに「創造力」「視覚空間推論力」といった能力にプラスに働くことも

「現代のゲームにある複雑なキャラクターやストーリー設定は、子供の問題解決能力を高め、ゲーム以外の場に応用する力を促進する」という研究結果もあります。他には「視覚空間推論力」を身に着けるのに役立つという説も。

出典: ゲームが子供に与える真の影響は?親の取るべき対処法 [子育て] All About

日本小児科医会は、「スマホに子守をさせないで」と警鐘

日本小児科医会は、「親も子どももメディア機器の接触時間のコントロールが大事です。親子の会話や体験をともにする時間が奪われてしまいます」と警鐘を鳴らしています。スマホのアプリゲームで子どもが一瞬で静かになるとラクですが、幼い時に子守の主要ツールとすることで、外遊びや人とのかかわりの機会が減るリスクを喚起しています。

出典: スマホ育児の是非は? 子供向けアプリとの付き合い方 [乳児育児] All About

ゲームで自制心を養うことが大切!「ルール」を運用することを学ぶ場でもある

子育て心理学の専門家である佐藤めぐみさんは、ゲームが依存性のある機器であることを踏まえた上で、子どもが小さいうちは親がルールづくりに携わり自制心を養うことが大切だといいます。ゲームやスマホを持たせない選択ができなくなりつつ今、ハマりやすいゲームを通じて、「自制心」を養成することができるという一面も指摘。

出典: 子供をゲーム中毒にしたくない!親はどう管理すべき? [子育て] All About

子どもといっしょに楽しんでいる千原せいじの言い分とは…

ゲームが得意な後輩を自宅に呼んで、子どもも交えてプレイするという芸人の千原せいじさん。奥様が一度ルール決めようと考えたものの、結局「今、ゲームやらせておいたら、風呂にゆっくり入れる」とか「今、ゲームやらせておいたら、メシゆっくり食える」とか親の都合も入ってくるとつじつまが合わなくなってくると思って寛大になったそう。子どもの「やりたい」を尊重しつつ、ゲームが親や別の大人とのコミュニケーションのツールになっているようです。

出典: vol.5 なんでゲームが悪いの? [男の子育て] All About

没頭しすぎて爆発!「親の叱り方」が試される機会をもたらすゲーム

2016年に炎上した「ゲーム機バキバキ事件」。バイオリニストの高嶋ちさ子さんが、新聞のコラムに執筆したゲームのルールを破った子どものゲームを折ったと書いたことが発端。親の叱り方について試される機会を提供するツールであるということを教えてくれた事件です。

出典: ゲーム機バキバキ事件が子供に伝える裏メッセージ [子育て] All About

子どもの「時間の使い方」に影響がでるという説も

「ゲームのせいで、勉強ができなくなる」と考える方も多いかもしれません。ところが、デニソン大学教授の研究によれば、学業不振は、テレビゲーム自体の問題というよりは、限られた時間の中でゲーム以外のことにかける時間が減るためとしています。

出典: 2/3 ゲームが子供に与える真の影響は?親の取るべき対処法 [子育て] All About

傾向は見られるものの、ゲームと暴力性の因果関係は証明されていない

10年ほどの研究結果を総括した分析によると、暴力的なゲームをすると、「攻撃的な行動、思考、感情が増える傾向」「向社会的な行動、共感、暴力への抵抗感が減る傾向」が見られるとのこと。あくまでも傾向であり、証明されているわけではなさそうです。

出典: ゲームの暴力シーンは、少年犯罪増加に繋がるのか? [子育て] All About

1日ゲームを2~7時間続けると、脳のバランスの良い発達を妨げる?

2002年、「ゲーム脳」という言葉が、議論を呼びました。週4~6回、1回2~7時間ゲームを行うことで、全く前頭前野部の働きが悪くなるというのです。調査内容に賛否両論あるようですが、日常生活がままならない依存状態はとてもリスキーだと言えます。

出典: TVゲームをし続けるとどうなるのか? ゲーム脳の恐怖 [小学校受験] All About