紫外線が強い春から秋までの季節を、ツヤツヤの髪で乗り越えるための方法をレクチャーします。

髪の紫外線ケア始めてますか?

ボサボサ髪の原因は紫外線にあり!

髪は体の中で最も太陽に近く、浴びる紫外線の量は顔の約2倍以上ともいわれています。紫外線を浴びると、髪表面のキューティクルを構成しているタンパク質が変性し、破壊され、髪内部へのダメージへとつながってしまうのです。

対策をせずにひと夏を過ごすと、パサついて指どおりが悪くなる、ツヤがなくなる、枝毛・切れ毛が発生する、ヘアカラーが褪色する、といったダメージが現れ、スタイリングがしにくくなるという悪影響も。夏の終わりになってバサバサの髪に泣かないためにも、今すぐ髪の紫外線対策を習慣づけましょう!

出典: バサバサ髪に泣かない!今すぐ始める髪の紫外線対策 [スキンケア] All About

紫外線は白髪や薄毛の原因にもなります!

紫外線のUV-B波は肌の真皮層まで届き、乾燥やタルミといった症状を引き起こします。そして頭皮の老化が進むと抜け毛や薄毛、白髪といった症状を引き起こすので、いつまでも美しい髪を保つためには、頭皮の紫外線対策がとても大切になってきます。

出典: 紫外線が髪と頭皮に与える影響とケア方法 [白肌を守り抜く!先手必勝の美白ケア - ヘアケア] All About

レジャー紫外線から髪を守る!正しいヘアケアテクニック

【1】特に注意が必要な時間帯を把握しておく

1年のうちでは、4月ごろから対策を始め、10月ぐらいまではしっかりとしたUV対策が必要。1日のうちでは、UVインデックスがピークを迎えるのは11:00~12:00ごろで、10:00~14:00の間は注意した方がベター。

出典: 2/2 夏になってからでは遅い!? 髪と頭皮のUV対策 [ 女性の薄毛・抜け毛] All About

【2】帽子・日傘・まとめ髪で、紫外線から髪を守る

帽子や日傘を活用するのは紫外線対策の基本。紫外線遮蔽率の表示をチェックして、UVカット加工された生地の製品を選ぶのがおすすめです。髪をコンパクトにまとめておけばその分、紫外線に当たる面積を減らすことができます。

出典: バサバサ髪に泣かない!今すぐ始める髪の紫外線対策 [スキンケア] All About

【3】UVケア効果が期待できるヘアカラーをする

強い日差しから目を守ってくれるサングラス。その原理を髪の毛に応用して考案したのが「サングラスカラー」。名前はかわいらしいですが効果は絶大!髪の表面にグレー系のカラーリングでコーティングすることで紫外線を反射させる効果があるんです。

出典: 夏の日差しから髪を守れ!?カラーリング編 [ヘアカラー] All About

【4】「天然の植物オイル」も髪の紫外線対策に活用できる

髪のUVケアには、天然の植物オイルも実はおすすめです。「日焼けにオイル?」と思うかもしれませんが、ナチュラルオイルには、髪のコーティングやサンスクリーン効果が期待できるものもあるんです。

出典: 何もしないのはNG?髪を日焼けダメージから守る方法 [山本浩未のきれいのソース] All About

【5】紫外線を浴びたな…と思ったら、自宅でヘッドスパ

紫外線を浴びると、頭皮や髪もお肌と同じようにダメージを受け、パサついたりゴワゴワしたりしてしまいます。傷んだ髪のお手入れは早めがいちばんですね。

出典: 自宅ヘッドスパ!髪の紫外線ダメージは椿油ケアで改善 [アロマテラピー] All About