労働者のストレス第1位は、「人間関係」

厚生労働省の調査によると、労働者が仕事や職業生活を通じて感じるストレスの中で、最も多いのが「職場の人間関係」の問題なのです(平成24年「労働安全衛生特別調査(労働者健康状況調査)」による)。

リンク: 新社会人のための「人間関係ストレス」対処法! [ストレス] All About

人間関係のストレスは、どんな職場でも経験する避けられないものです。

うっかりやりがちだけど要注意!12のNG言動

NG言動1:「でも」をうっかり多用する

何気ない会話で反感を買ってしまう人に多いパターン。クセを修正し、相手とのよい関係を築くための聞き方、話し方を身につけていきましょう。誰でもすぐにできる2つのコツをお伝えします。

出典: 反感を買わない聞き方、話し方の2つのコツ [ストレス] All About

NG言動2:職場の人に“愚痴”をこぼす

愚痴を話したくなることがあったら、信頼できる人、できれば職場とは関係のない人に、そっと打ち明ける程度にしておきましょう。「“愚痴”は災いのもと」。相手選びはとても重要です。

出典: 2/3 新社会人のための「人間関係ストレス」対処法! [ストレス] All About

NG言動3:あいさつが苦手で静かにスルー

あいさつはするのも、してもらえないのも、ストレス。でも、あいさつには私たちが気づかないとても大事な効果があります。あいさつで変わることとは?

出典: あいさつで変われる人、ストレスを増やす人 [ストレス] All About

NG言動4:つい自分を大きく見せてしまう

つい自分を大きく見せてしまい、その結果、心が消耗していませんか? そんなストレスから解放され、自分を楽にするための、自分自身の受け止め方や他人との付き合い方のヒントをお伝えします。

出典: つい自分を大きく見せて疲れないための4つのポイント [ストレス] All About

NG言動5:自分が避けられた?と思い込む

入学式や新入社員の研修などで、周りが会話を始めたりすると、その場に入れなかった自分に自信をなくしてしまったりするもの。過剰に心配する必要はありません。

出典: 新しい人間関係を作るときの声かけのコツ [ストレス] All About

NG言動6:悪口でも何となく共感しているフリをしてしまう

誰の周りにも必ずいる愚痴・悪口常習者。流れに任せていると、自分にもその人間関係にも嫌気が差してきます。自分のためにも相手のためにもなる対処法を知っておきましょう。

出典: 愚痴・悪口常習者との付き合い方って? [ストレス] All About

NG言動7:誘われたら断れない……

どうしても断りたい予定は断ってもいいはず。どうして上手く断れないのかの理由を考え、「壊れたレコード・テクニック」と呼ばれる考え方で克服していく方法をご紹介します。

出典: 断れない方必見!壊れたレコード・テクニック [ストレス] All About

NG言動8:今さら友達なんてできないと考えてしまう

年齢を経るごとに友だちづくりが難しくなりますが、いくつになっても不可能ではありません。コツさえつかめば、初対面の相手とでも、すぐに打ち解けて会話ができるようになります。

出典: 大人の「友活」を成功させるための3つのテクニック [ストレス] All About

NG言動9:何となくメールに頼ってしまう

要件は話せるけど、人の輪に入ったり、ムダ話をするのは苦手……そんな内気でシャイな人が会話に慣れるためには、「応答」で会話力を磨くことが大事。自分の言葉でしっかり応答するためのトレーニングを始めましょう。

出典: 内気でシャイな人は「応答」で会話力を磨こう [ストレス] All About

NG言動10:角が立たないよう、とりあえず我慢する

自分の思いを伝えたら角が立ちそう……そんなときには、「DESC法」という自己主張話法を試してみましょう。相手を傷つけず場の雰囲気を壊さずに、現実的な問題解決に向かえる会話術です。

出典: 本音を言っても角を立てずに問題解決できる話法 [ストレス] All About

NG言動11:無視された(されそう)なので声をかけない

新しい人間関係で、声をかけることをためらう人は多いもの。「声をかけても、無視された / 無視されそう」「話しかける前に緊張してしまう」といった思いから、なかなか声をかけられない人の対策法です。

出典: 2/2 新しい人間関係を作るときの声かけのコツ [ストレス] All About

NG言動12:「飲みニケーション」はムダと切り捨ててしまう

飲み会は、仲間同士の親密性を高める絶好の機会。それは、お酒を飲むと脳の働きが変わるからです。いつもの飲みニケーションを、脳の働きから振り返ってみましょう。

出典: 飲みニケーションを脳の働きから考える! [ストレス] All About