奈良

吉野山

源義経、後醍醐天皇、豊臣秀吉など、様々な人物が足跡を残し、歴史の舞台にもなってきた吉野山は、全国でも屈指の桜の名所として知られます。4月の初めから4月末にかけて、下千本から中千本、上千本、奥千本の順に咲いていくので、長い間、花を楽しめます。

出典: 奈良吉野山の3万本の桜、最古のロープウェイで花見へ [桜咲く春お花見特集2017 - 奈良の観光・旅行] All About

奈良公園

奈良公園周辺では、氷室神社の枝垂れ桜を皮切りに、ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ナラノココノエザクラ(奈良九重桜)など約1,700本が順次開花します。例年4月中旬から下旬にかけては、ナラノヤエザクラと呼ばれる小ぶりで上品なヤエザクラが開花します。

出典: 奈良公園(奈良県)の桜・お花見情報:桜の名所・お花見に行こう!全国桜のおすすめスポット2017:るるぶ.com

長谷寺

"牡丹寺"として知られる奈良の長谷寺は牡丹が有名ですが、桜の名所でもあります。3月下旬から4月中旬まで、広い境内におよそ6,500本のソメイヨシノやヤマザクラが咲き誇り、高台にある本堂の舞台からの眺めは、まさに圧巻!

出典: 長谷寺の桜 | 春日野奈良観光

京都

仁和寺

京都で遅咲きの桜が楽しめる場所として最も有名なのが仁和寺。「御室桜」と呼ばれる、一般的な桜よりも10日ほど遅咲きの、背が低めな八重桜が多数、花を咲かせます。写真は2016年4月10日に撮影。

出典: 京都で遅咲きの桜を楽しむなら、仁和寺の「御室桜」 [桜咲く春お花見特集2017 - 京都の観光・旅行] All About

原谷苑

原谷苑(村岩農園)は、個人所有の約4,000坪の桜の苑。一山すべてに桜が植えられ、この世のものとは思えないような素晴らしい景色が楽しめます。周囲よりもやや高度が高い場所に位置するため、全体的にやや遅咲きで、4月上旬頃からおよそ1ヶ月にわたって、様々な種類の桜が花を咲かせます。

出典: 原谷苑・青山荘・村岩農園公式ホームページ 京都 桜

醍醐寺

天下人・秀吉が催した豪華な「醍醐の花見」で知られる醍醐寺には様々な種類の桜が植えられており、3月中旬~4月中旬頃ににかけて長期間、花を楽しめます。上醍醐まで約1時間の山道を登れば、霊水「醍醐水」を飲むことができ、宇治方面を一望する絶景も楽しめます。

出典: 【京都】天下人・秀吉が豪華な花見を催した醍醐寺の桜 [桜咲く春お花見特集2017 - 京都の観光・旅行] All About

二条城

京都にお花見に出かけたなら、欠かせないのが夜桜ライトアップ。二条城では3月下旬~4月中旬にかけて、200本を超える桜や庭園がライトアップされます。

出典: 二条城ライトアップ | 京都のイベント・行事 | 京都観光情報 KYOTOdesign

平野神社

京都のお花見の名所の代表格・平野神社には、約400本、60種類の桜が植えられており、3月中旬頃から長期間、花を楽しむことができます。また、平野神社では毎年4月10日に「桜花祭」が催され、時代衣装に身を包んだ人々の行列が、街を練り歩きます。

出典: 平野神社 HIRANO-JINJA Official web site

大阪

造幣局

130品種以上、300本以上の桜を楽しめるのが、大阪市北区天満にある造幣局。4月中旬頃、造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への一方通行(距離約560メートル)の道を「通り抜け」することができます。ぼんぼりなどでライトアップされる夜桜もおすすめです。

出典: 独立行政法人 造幣局 : 桜の通り抜け(大阪)

勝尾寺

箕面市の山あいに位置するため、市街地で桜が散る頃に、遅咲きの桜が楽しめるのが勝尾寺。見頃の時期の4月中旬から5月初旬頃にかけて、枝垂れ桜、八重桜、里桜、山桜など多くの種類の桜で境内が埋めつくされます。

出典: さくらまつり | 年中行事 | 勝尾寺