2017年の春分の日は3月20日(月)

国民の祝日である“春分の日”。2017年は3月20日になります。じつはこの日付、年によって異なるんです。

祝日のうち、「春分の日」及び「秋分の日」は、法律で具体的に月日が明記されずに、それぞれ「春分日」、「秋分日」と定められています。

リンク: 国民の祝日について - 内閣府

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」日として定められています。

“春分の日”と“秋分の日”が年によって異なるのは、春分日と秋分日が変動するから。国立天文台のサイトにある解説によれば、両者は以下のようにして定められています。

太陽は星々の間を移動していて、その通り道を「黄道」といいます。また、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」といいます。黄道と天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。そして、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」と定義され、「春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼ぶ

リンク: 質問3-1)何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの? | 国立天文台(NAOJ)

2030年までの春分の日、秋分の日はここをチェック!

国立天文台のサイトでは、2000年~2030年までの春分の日および秋分の日が確認できます。春分の日は3月20日or21日、秋分の日は9月22日or23日となっているようです。

出典: 質問3-1)何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの? | 国立天文台(NAOJ)

春分の日にするべきこととは?

春分の日は彼岸の中日にあたり、お墓参りに行く風習が一般的です。その理由は……?

仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸といい、その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)といいます。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。

リンク: 2/3 2017年はいつ? お彼岸の時期と常識 [暮らしの歳時記] All About

お彼岸でお墓参りに行くときの準備とマナーは?

お彼岸の時期だけお墓参りに行くという人は少なくないでしょう。お墓参りの必需品や、やり方についてこちらの記事でしっかりチェックしておきましょう。

出典: お彼岸は大切な行事!お墓参りの準備とマナー [お墓・墓石・霊園の選び方] All About

お彼岸のお供えものが“ぼたもち・おはぎ”なのはなぜ?

お彼岸におけるお供えものの定番は、ぼたもちやおはぎとされていますが、その理由はご存知ですか?

おもちは五穀豊穣、小豆は魔除けに通じることもあり、日本の行事に欠かせないもの。また、今と違って昔は甘いものが貴重だったため、ぼたもちといえばご馳走で、大切なお客様、お祝い、寄り合いなどでふるまわれ、法要の際にも必ずお供えしていました。お彼岸にお馴染みなのもそのためです。

リンク: お彼岸の「ぼたもち」「おはぎ」どう違う? [暮らしの歳時記] All About

春は牡丹にちなんで「ぼたもち」、秋は萩にちなんで「おはぎ」と呼ばれます。

お彼岸の「ぼたもち」「おはぎ」どう違う?

「ぼたもち」と「おはぎ」は基本的に同じもの。しかし、厳密にみると異なる点も少なくありません。

出典: お彼岸の「ぼたもち」「おはぎ」どう違う? [暮らしの歳時記] All About

今年は手作りで! ぼたもち・おはぎのレシピ集

田舎風ぼたもち・おはぎの作り方

大ぶりに丸めた餅に、柔らかめのあんをまぶしつけた田舎風は、もっともスタンダードなぼたもち・おはぎと言えます。

出典: おはぎ・ぼたもちの作り方 [毎日のお助けレシピ] All About

切り餅でカンタンに!

もち米、うるち米から作るのはタイヘン……という人は、切り餅を使ってレシピがオススメ。

出典: 切り餅で作る、簡単ぼたもち・おはぎ [簡単スピード料理] All About

雑穀米とずんだあんでヘルシーに

枝豆をたっぷり使ったずんだあんのぼたもち・おはぎであれば、とってもヘルシーにいただけます。

出典: 雑穀米とずんだあんで作るヘルシーおはぎ [ダイエットレシピ] All About

アレンジも豊富な胡麻あんぼたもち・おはぎ

すり胡麻を甘辛く調味して作る胡麻あんもオススメ。醤油を足せば胡麻和え衣に変身できます。

出典: 胡麻あんおはぎ(ぼたもち) [毎日のお助けレシピ] All About