毒親育ちの人が「親」になる前に読みたい7つの記事

毒親の影響を自分の連鎖で止めるためにするべきこと

臨床心理士の矢野宏之さんは、支配的な親に育てられた影響は、大人になっても色濃く残るといいます。毒親の連鎖を自分で断ち切るために、親からの影響を自覚すること、適切な治療を受けること、精神的または物理的に親との関係を断ち切ることが必要とのことです。

出典: 子供に悪影響をおよぼす毒親の行動と克服方法 [ストレス] All About

なぜ、母親は子どもを支配する「毒親」になったのだろうか?そのルーツを考える

世の母親たちは、人間であるがゆえに子育ての過程で誰もが混乱します。コラムニストの河崎環さんは、「子育ての混乱」、あるいは「おんなの人生の混乱」は、1世代ではなく、何世代にもわたって脈々と受け継がれたものであり、濃縮した「毒」になると分析しています。

出典: 毒親・毒母の呪い!支配する母親と逃げられない子供達 [子育て事情] All About

母は毒も愛も併せ持つ?安易な「毒母」のレッテル貼りは自分にかえってくることも

「『毒母ブーム』は、人々が『よい母』のイメージにばかり執着してきた歴史のツケのようにも思える」というのは、カウンセラー兼ライターの大美賀直子さんの言葉。大切なことは、現実の母親を善悪を併せ持つ存在として捉えて理解することなのかもしれません。

出典: 本当は怖い!「毒母ブーム」の裏にあるもの [ストレス] All About

「母がしんどい」と言いながら母の優しさを搾取しているケースも…

シニア女性の中には、日常生活のすべてを子育てにささげてきた方は少なくありません。一方で、現在は共働きが珍しくない時代。母親との確執を感じながらも、誰かのために時間をささげることに慣れている母親の手を借り、働き続ける娘は少なくありません。そんな時、「孫育てをさせてあげている」という気持ちは、親子関係のすれ違いの始まりなのです。

出典: 「キャリア娘」と「支える母」の微妙な母娘関係とは [ストレス] All About

母親が娘に対して「一体感」を求めてしまう理由は自己犠牲と寂しさ

男性より女性の方が母親と共依存関係に陥りやすいといいます。その理由は、「相手が誰よりも自分のことをわかってくれる」という一体感。その裏には、何かを犠牲にした母親の満たされない思いや、空疎な夫婦関係が潜んでいることも…。

出典: 母と娘の関係に潜む危機 [ストレス] All About

少し心が弱ってきたときにやってみたい「セルフセラピー」とは

親の過度な支配や過干渉、言葉の暴力などで、大人になっても自己肯定感の低さに苦しんでいる人は少なくないでしょう。そんなとき、「ホログラフィートーク」と呼ばれる心理療法のエッセンスを利用した、セルフセラピーが、心の平静を取り戻すのに役立つ場合もあります。

出典: 「毒親」育ちで今も辛い人に…セルフセラピーの薦め [メンタルヘルス] All About

娘は、何も言われなくても「母の理想」を感じ取ってふるまうことがある

母親は自分の行いが全て愛に由来しており、自分自身が「良い母」であるという自負があったとしても、娘にとっては重荷になることがあります。何も言わなくても、母の理想を無理して演じるために、自我を抑え、心に大きな負担をかけている場合もあるのです。

出典: 人生を壊された…母との関係に苦しむ、39歳娘の心情 [亀山早苗の恋愛コラム] All About