1.早寝早起きの規則正しい生活

「寝る子は育つ」と昔から言われているように、子どもにとって睡眠は心と体の発達にとても大切なものです。子どもの生活時間の夜型化や睡眠時間の減少は、成長の遅れ、集中力の低下、さらに学力の低下など、様々な悪影響をもたらします。

出典: 子どもの夜型化には危険がいっぱい! [子供のしつけ] All About

2.家族で食卓を囲む

毎日の食卓は、子供の身体だけではなく心を成長させる重要な役割があります。発達心理学的にも、食卓を通じての“家族との関わり”が子供の心の成長には最も大切とされています。子供の自己肯定感を高めるために大切な食卓の3つの要素について説明します。

出典: 子供の自己肯定感を高める食卓作りのポイント [食育] All About

3.自分にOKを出せる自尊心を育てる

2016年の大ヒットドラマ「逃げ恥」で、よく耳にした「自尊感情」。字面を見ればだいたいの意味は想像できるけど、「そもそも自尊感情って何?」「自信とどう違うの?」と思った人も多いかもしれません。子どもの自尊感情を高めるために親ができることを考えます。

出典: 自分にOKを出せる!子どもの自尊感情を育てるには [子育て] All About

4.ポジティブな考え方を教える

いまや、「プラス思考」は心理学でしっかりと学問的に研究されている分野。プラス思考は問題解決的な発想。悩んだとき、何とかそれを解決できないか、超えられないかを考えられる力こそ、プラス思考なのです。

出典: プラス思考の子育てとは? [子育て] All About

5.「ありがとう」が自然に言えるようにする

「ありがとう」という言葉は、集団や社会の中、人間関係を築いていくうえで、大切なカギを握っていると言えるでしょう。自然に「ありがとう」と言える子供にするには、親はどのようなことに気をつけて子供に関わればよいのでしょうか?

出典: 「ありがとう」が自然に言える子供に育てる方法 [子育て] All About

6.親から進んでマイナス思考をやめる

プラス思考育児をする上で、無視して通れないのが「マイナス思考」の存在。マイナス思考のことをよく知ると、プラス思考のことがもっともっと深く理解できるようになります。子育て心理学から見た「子どもにマネしてほしくないマイナス思考13」について考えます。

出典: 2/2 子どもにマネしてほしくないマイナス思考13 [子育て] All About

7.ありのままのわが子を認めてあげる

今は、”できたこと”や”成し遂げたこと”など、結果をほめることが多い競争社会。点数などで評価されることが多くストレスの多い時代だからこそ、配慮していきたい「ほめ方」のコツとは?

出典: 子供の自己肯定感がアップする「To be ほめ」とは? [子育て] All About

8.「頑張ってね」よりも「頑張ったね」という声かけを

4月は入園、入学の時期、子どもたちが、新しい環境に上手に馴染んでいけるよう、この時期、特に気をつけてあげたい声かけのコツとは。

出典: 2/2 入園、入学の4月、ママが気をつけてあげたいこと [子育て] All About

9.何があっても味方だと伝える

新学期、新しい環境になじめず、もし子どもが「死にたくなるほど大きな問題」に悩んでいると分かった時、親はどのように関われるでしょうか。初期対応において大事なポイントを解説します。

出典: 子どもに「死にたい」と言われた時の初期対応 [子育て] All About

10.楽しんでいる大人を積極的に見せ、人生の楽しさを教える

大人の社交の様子を見ること、つまり、楽しんでいる大人を見ることで、「人生って楽しい」と知らず知らずのうちに子供が感じ取る。歓喜に満ちた子育てで元気で明るい子供に育てる秘訣がイタリアにありました。

出典: モテる子に育てる?! イタリア式子育てのお話 [イタリア] All About