「若いころからあまり体重が変わらないんだよね~」なんて、自慢をしているあなた。それは、ただの油断かもしれません。

体重が変わらない=体が変化していない、ではありません!

男性が陥りがちな隠れ肥満とは

肥満とは、体重や体脂肪が増加した状態のことを指します。一方、かくれ肥満は、「体重はさほど増加していないにも関わらず、体脂肪率が高くなっている状態」で、自覚しにくいのが特徴です。

体脂肪を過剰にため込んだ体は、体型が崩れるだけでなく、動脈硬化、高血圧、糖尿病といった健康被害も起こりやすくなるため、早めに対策を打つ必要があります。

出典: 体重が変らなくてもメタボ!?かくれ肥満が危険なワケ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

筋トレなどの、筋肉量を増やす努力をしていなければ、個人差もあるものの20代をピークとして、年々筋肉量が約1%ずつ減少していきます。
例えば、体重70kgの男性の標準的な筋肉率は約33%前後となりますので、単純計算すると筋肉量は、約23kg程度。その場合、加齢と共に毎年200g以上もの筋肉が減少していくことになるのです。

リンク: 体重が変らなくてもメタボ!?かくれ肥満が危険なワケ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

隠れ肥満は、筋肉量を増やすことで解消!

「体重が増えてないのに、お腹周りがポチャッとしてきた」「スラックスがきつくなった」という場合は、隠れ肥満が進んでいるサインかもしれません。

出典: 2/2 体重が変らなくてもメタボ!?かくれ肥満が危険なワケ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

ヤバい…と思ったら今日から筋トレをスタート

コアマッスルを鍛え、足腰を強くする「グッドモーニング」

簡単な動きですが、下背部から腰、そしてハムストリングス(太もも裏)までをトータルで鍛えることができます。オフィスの休憩室でのコーヒータイムやトイレタイムなど、スキマ時間に実践してみてはいかがでしょうか?

出典: スポーツもメキメキ上達!体幹力を鍛える筋トレ2選 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

体幹を鍛える「ハンズアップスクワット」

全身を使って行うダイナミックな体幹トレーニングです。正しいフォームできっちり行うと、見た目以上にハードですが、その分ビシビシ効果が出ます。ウォーミングアップや気分転換にもおすすめです。

出典: 3/3 体幹トレーニングでコア筋肉を鍛える [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

基礎代謝を向上させる「レッグバランス」

全身のバランスをとりながら、ゆっくりと動作することで、基礎代謝向上につながる体の裏側をしっかりと強化できるトレーニングです。大筋群全体を効果的に鍛えられます。

出典: 3/3 鍛えて代謝アップ!筋トレで夏バテ対策 [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

体幹を鍛える「ニートゥエルボー」

一般的な腹筋運動では、どうしても実施回数に意識がいきがちですが、対角の肘と膝を突き合わせるこの種目なら、正しいフォームでできているかどうかに意識が向きやすいのが魅力。自然と腹筋を縦方向・斜め方向にしっかりと使い、効果的な刺激を与えられます。

出典: 2/3 自宅で体幹トレーニング ~腹筋ケア編~ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

10分で全身に効く「アラウンザワールド」

世界一周という意味のトレーニング方法です。動きは全て静止して行いますが、呼吸は止めないように意識しましょう。

出典: 2/2 1日たった10分!お腹を確実に引き締める体幹トレ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About